進撃の巨人の始祖の巨人の能力は記憶の改ざん!座標の秘密や誰が継承するのか?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

2019年4月期より『進撃の巨人 season3パート2』の放送が開始されます。

『進撃の巨人 season3』では王政編が描かれていたため、人VS人をメインに物語が展開されていきましたが、

パート2ではいよいよ、進撃の巨人の最大の謎が明らかになろうとしています!

 

さて今回の記事では、『進撃の巨人』の中に登場する九つの巨人の中のひとつである、『始祖の巨人』について解説していきたいと思います!

始祖の巨人の能力や、誰が継承してきたのかについても紹介していきたいと思いますので、最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

進撃の巨人の『始祖の巨人』の能力や誰が継承してきたのかについて

主人公であるエレン・イェーガーは、知性のある巨人である九つの巨人の能力のうち、『始祖の巨人』の能力を受け継いでいます。

そのことは、単行本でいうところの15巻第62話『罪』で、巨人化したエレンにグリシャが食べられたことで継承したことが描かれています。

 

『始祖の巨人』の能力は、真の王家であるレイス家が代々受け継いできたものです。

『始祖の巨人』は、すべての巨人の大元となっている巨人であり、この世の巨人全てを操れるという力を持っているとされていますので、その真の力を発揮したとき、どんな武器よりも絶大な力を示すこととなるでしょう。

 

この『始祖の巨人』の能力は一体どんなものがあるのでしょうか?

また、『始祖の巨人』の能力は歴代誰が継承してきたのでしょうか?

 

・『始祖の巨人』は巨人を操ることができる

『始祖の巨人』は、『座標』と呼ばれる力を持ち、これは他のすべての巨人、そしてエルディア人をも操ることができる能力を持っています。

エレンが『叫び』を発動させたことから分かるように、無垢の巨人にターゲットを狙わせたりすることが出来るのです。

エレンたちの住んでいる壁内の世界の3重の壁を作ったのも、この能力を利用したとのことです。

 

・『始祖の巨人』は記憶を受け継ぐことができる

レイス家のロッド・レイスは『始祖の巨人』の能力には、初代王の思想である『世界の記憶』を受け継ぐ能力があると言っていました。

 

その記憶は、100年間もの間受け継がれてきたものであり、

壁内の世界の人類の記憶が改ざんされたというのも含まれています。

巨人がどこからやってきているのかというのも記憶のひとつです。

 

・『始祖の巨人』は記憶を改ざんすることができる

『始祖の巨人』は、記憶を受け継ぐだけでなく、改ざんすることもできます。

壁内の人類は、壁の外の記憶を全て消されてしまっています。

フリッツ王が壁内の世界に逃げ込んできたことで、壁の中の平和を守るために、外の世界の記憶を消してしまったんですね!

 

しかし、全ての人類の記憶を改ざんできるわけではなく、アッカーマン家や東洋の一族などには効果がありません。

ミカサは、この記憶を東洋の一族として受け継いでいるというわけです!

 

そのほかに、壁の中に住んでいるのはほぼエルディア人ですよね。

壁内の人たちに記憶がほぼ残っていないのも当然だと言えるのではないでしょうか?!

 

・『始祖の巨人』の能力を発揮できるのは、真の王家のものだけ

真の王家のもの以外が『始祖の巨人』の能力を継承しても、真の能力を発揮できないと言われています。

現在、『始祖の巨人』の能力を受け継いでいるのはエレンですが、エレンは王家の血は引いていません。

ということは、エレンが『始祖の巨人』の能力を持っていても力を充分に発揮できないということになりますね。

 

しかし、エレンは『叫び』の力を発揮できています。

エレンが『叫び』の能力を発揮するときは、巨人化した王族の血を引いているダイナに接触していました。

王族の血を引いているものに接触していれば、王族の血を引いていなくても能力を使うことができるということなのかもしれません。

スポンサーリンク

・誰が『始祖の巨人』を継承してきているのか

今まで、『始祖の巨人』の能力を継承してきているのは以下の通りです。

ユミル・フリッツ→カール・フリッツ→レイス家ウーリの父親→ウーリ・レイス→フリーダ・レイス→グリシャ・イェーガー→エレン・イェーガー

グリシャが、レイス家の一族から『始祖の巨人』の能力を奪ったのは、クルーガーから『始祖の巨人を取り上げろ』と指示されたからでしょう!

 

そして、知性巨人の能力を持っていることによる13年の寿命が近くなったグリシャは、エレンにその能力を継承したとされていますね!

とにかく、グリシャはレイス家に『始祖の巨人』の能力を渡してはいけないと思っていたんですね!

 

進撃の巨人のアニメの続きを読もう!

『進撃の巨人』は、

フジテレビオンデマンド

U-NEXT

で『電子書籍』で読むことが可能です。。

それぞれのサービスの特徴をご紹介しますので、ぜひ自分の趣味に合ったサービスを選びましょう!

 

進撃の巨人のアニメの続きをFODで読もう!

「進撃の巨人」の単行本にこだわらずに、

できる限り安く読みたいという方は『フジテレビオンデマンド(FODプレミアム)』の電子書籍の利用が非常にお得です!!

 

『フジテレビオンデマンド(FODプレミアム)』の場合、最新映画や今期アニメ、フジテレビ系列の今期ドラマの見逃し配信、更には人気過去作品など様々なタイトルを視聴することが出来るし、

さらに書籍(コミック)も毎月付与されるポイントを利用すれば無料で読むことができるので、

『アニメ好き』『ドラマ好き』『映画好き』『漫画好き』の方には非常にオススメ!

 

もちろん、無料期間中にもポイントは付与されます!

 

なんと今なら、

Amazonアカウントで新規契約していただくと、登録後1ヶ月間無料でご利用することが可能です。

 

※『1ヶ月間無料キャンペーン』はいつまで続くかは分からない!

『フジテレビオンデマンド(FODプレミアム)』はいつでも解約できますし、無料期間中にも解約が可能となっています。

無料期間中に解約すれば、当然料金は発生しません!

 

なので、このお得な期間中に登録しておいて損はないですよ(*´ω`*)

 

※配信情報は2019年6月時点の情報です。

すでに終了している可能性があるので、登録前にご確認ください。

 

↓   ↓   ↓

進撃の巨人のアニメの続きを読もう!

 

U-NEXTで『進撃の巨人』の続きを読む!


『U-NEXT』の特徴としては日本最大級であるところの120000本以上の最新映画や今期アニメ・今期ドラマの見逃し配信、更には人気過去作品など様々なタイトルを視聴することができ

電子書籍も実質無料で読むことが可能です。

 

さらに登録後31日間アニメや漫画を無料でお試しいただくことが可能になる『トライアルキャンペーン』を実施しているため、非常にオススメです(^o^)

 

「え?でも『U-NEXT』は動画配信サービスだからアニメや映画しか見れないんじゃないの?」

 

確かに、『UーNEXT』は動画配信サービスです。

ですが、電子書籍も豊富に取り揃えているんです!!

その数はどのVODサービスと比べても劣ることのないほど本数があります。

 

『U-NEXT』は月額料金1990円(税抜)で毎月1200ポイント付与もあり、対象の動画が見放題になるシステムと、レンタル(個別課金)や購入(買い切り)することで動画を観ることができるシステム「PPV」の両方を採用しています。

もちろん、無料期間中にも1200ポイントは付与されますし、その付与されたポイントで『進撃の巨人』を読むことも可能です!

 

「アニメの続きは気になるけど、わざわざ漫画を買いたくない。。。」

という方は、『U-NEXT』に登録していただき、1200ポイント分の漫画を読んだのちに、31日以内に解約していただければ無料で読むことができます!

もちろん、無料動画もあるので最後まで存分に楽しんでしまいましょう!!

 

さらにさらに『U-NEXT』は動画、電子書籍だけじゃなく、別途月額490円で音楽の聴き放題もあるんです♫

懐かしの曲から最新のヒット曲、さらに映画・ドラマ・アニメの主題歌に加え、英会話などの語学系の番組も聴くことができます。

『U-NEXT』の特徴を簡単にまとめると

・毎月1200ポイント付与
・日本最大級の120000本以上の配信数
・テレビアニメやドラマの見逃し配信が充実(もちろんリゼロもあります)
・アニメ、ドラマ、映画の過去人気作品が豊富
・バラエティに富んだ映画
・電子書籍も無料期間に付与される1200ポイントで読むことができる!!
・4人までアカウントを共有できる

↓   ↓   ↓
進撃の巨人のアニメの続きを読もう!!

 

ちなみに、『進撃の巨人』の1期と2期は無料期間中でもポイントを使わずに無料で視聴することが可能ですので、どうせなら見返してしまいましょう!!

 

まとめ

さてさて、ここまでご覧いただきありがとうございます。

簡単に今回の記事をまとめさせていただきます。

・『始祖の巨人』は王家の血を引くものでなければ真の力を発揮することはできない

・『始祖の巨人』の能力は、すべての巨人やエルディア人を操ることが出来る

・『始祖の巨人』の能力は、記憶を継承することができる

・『始祖の巨人』の能力は、記憶を改ざんすることができる

・『始祖の巨人』の能力は現在エレンが継承している

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク