メジャーセカンド眉村渉の現在は?ピッチャーでジャイロボーラー?

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!

今回の記事ではメジャーセカンドの眉村渉について

お伝えしていきます。

眉村渉と言えばもともとピッチャーでしたが、

肘に違和感があるとして、キャッチャーに転向していました。

再登場時にピッチャーに転向している可能性もありますよね!

そんな眉村渉についてお伝えしていくので、ごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

メジャー2  眉村渉の現在は?

 

メジャー2 小学生編の最大のライバルは、やっぱり眉村姉弟ではないでしょうか?

大吾の父吾郎も、眉村父とはライバルとして、吾郎とは対照的な冷静沈着な感じで描写されていました。

眉村渉とは、眉村姉弟の弟の方で、小学校時代、「東都ボーイズ」の

4番キャッチャーとして登場していました。

ちなみに、姉道塁は、東都ボーイズのピッチャーを務めていて、

中学生編にも再登場しています。

 

眉村渉は、東都ボーイズ入団時から、持ち前の運動神経によりどんどん頭角を現し、

左投げを買われ、監督からピッチャーを勧められる逸材となりました。

その後、ピッチング時に肘に違和感を感じたことにより、眉村父より、

中学までピッチングを禁止されてキャッチャーに転向しました。

キャッチャー転向は、成長期の怪我を防止するための一時的な処置と見られ、

今後、ピッチャーとして再登場するかもしれません。

 

前にも書きましたが、姉道塁は、中学生編で再登場しています。

大尾中という公立中学の軟式野球部の選手として、地区大会決勝で大吾率いる風鈴中と対戦しました。

大尾中の主力は、横浜シニア(硬式)出身の4人組で、

女子であることを理由に道塁が横浜シニアを戦力外通告されたことにより、

軟式で頂点を目指す。という目的の元この大尾中の野球部に入部した経緯が語られています。

そのエピソードの回想シーンでも眉村渉は出てきていません。

眉村渉を考察!

 

眉村渉は中学では横浜リトルで硬式野球をやっている

ポジションはピッチャー

道塁達4人には賛同せず我が道をいっている

 

のではないかと予想します。

しかし、中学生編で大吾がもし覚醒したとするならば、対戦を切望して、

鳴り物入りで軟式野球に参戦…的な展開もあるのではないかと思います。

 

ここからも私の思い込みなのですが…

感情豊かな道塁に対して、渉はなんだか冷めていると言うかクールな感じがします。

父親そっくりの見た目がそう思わせているのかもしれませんが、

ストイックに、自分の技術向上を目的として日々過ごしているように感じます。

悪い言い方をすれば、自分にとって、自分の野球技術にとって、損か得か。

が判断基準となっていて、大吾たちとの対戦が、

自分に得と思ったなら軟式に参戦してくるかもしれません。

 

そうなった場合、道塁と共に横浜リトルを退団した3人達の同意を

簡単に得られるのか疑問ではありますが、

眉村渉が中学生編で出てこないのは少々もったいない気がします。

 

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

どちらにしても、高校編があるとするならば、甲子園を目指す展開に女子は参加できません。

道塁が、中学で果たせなかった、打倒大吾、もしくは全国制覇の夢を引き継いで、

眉村渉が登場する。と言う展開でも、胸が熱くなる感じがします。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク