ヒロアカのケミィの正体はトガヒミコ?本物は生きてる?死亡説は?

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!

 

週刊少年ジャンプで人気連載中の「僕のヒーローアカデミア」!

アニメも第3期まで放送され、その人気は高まる一方です!

さて、この第3期シリーズで注目されるのは、

主人公である出久達が受けている「ヒーロー仮免試験」です。

 

数々の学校から選りすぐりのヒーロー志望達が受験する中、注目しておきたいキャラがいます。

今回はそのキャラにスポットを当ててみたいと思います。

・士傑高校2年・現見ケミィ

現身ケミィは今回の仮免試験から登場した女の子です。

最初はイサナなどの影に回りながらサポートするキャラなのかと思われていましたが、

実際に一次試験が始まると知的な部分が垣間見えていました。

 

また、仲間とはぐれた出久との戦闘では自分自身の能力をフルで使いこなし、味方のお茶子に変化して近づくなどの行動も見せていました。

なにより、体術面でも出久を上回っているシーンがこちらになります。

 

 

しかしそんな実力の持ち主であるケミィには秘密が隠されていたのです。

 

・・仮免試験のケミィは偽物!?

仮免試験の一次試験であれだけの動きを見せていたケミィですが、救護メインで連携が必要となる二次試験ではピタリと鳴りを潜めました。

この点では多くの読者もあまり気に留めてはいなかったと思います。

 

しかしこの仮免試験が終わった直後、現身ケミィは姿を消し、現れたのが・・・、

ヴィラン連合の1人・渡我被身子でした。

 

 

 

そう、実は今回の仮免試験に登場していた現身ケミィは渡我被身子が自分自身の個性を利用して化けていた姿だったのです。

ではここで気になるのが本物のケミィについてです。

 

この試験のみの登場となればケミィ=トガになるのですが、現身ケミィは士傑高校に入学し、2年になるまで普通に生活をしています。

そうなれば、2人がイコールであると考えるのは難しくなります。

 

スポンサーリンク

本物のケミィの安否は・・・。

トガの個性は「血液を利用した変身能力」です。

そうなるとシンプルに考えれば、本物のケミィはトガに血液を奪われたことになります。

 

今までのヴィラン連合の行動などを思い描くと、ヒーローやヒーロー志望の生徒たちには容赦がないイメージがあります。

そのため、ファンの間でもケミィの安否が心配されていました。

 

また、誘拐・監禁という流れになっている場合、

なぜこれほどまでに問題が大きく取り上げられていないのかという疑問の念から、「もしかしてケミィはヴィランの内通者では・・・」という声も広がっていきました。

 

・本物登場!仮免試験特別講習に現れた現身ケミィ

その後、試験は終了し、不合格となった爆豪・轟・夜嵐の3人は特別講習を受けることになりました。

実はこの参加者の中に現身ケミィも含まれているのです。

 

二次試験まで勝ち上がっていたケミィですが、その後姿を消したことから不合格者となっていたのですが、

試験前後の記憶に混濁が見られるということで原因追求が行われていました。

 

正直この段階で、まだトガではないのかと疑っていた人も多かったと思われますが、

この後に放ったケミィの言葉により試験時とはあまりにもかけ離れていることが判明します。

 

こんな喋り、試験中には見ることできませんでしたね。

また、同じ士傑高校の肉倉も「ケミィは底抜けにアホである」と言ってのけるほどとてもアホな子なようです。

 

しかもこの喋り方と性格が災いしてしまい、

「記憶がない」という通常ならば不審に思う点も「ケミィだから・・・」という謎の納得が生まれてしまったようです。

そしてヴィランもそこを狙ったのではないかとさえ言われていました。

 

しかしケミィは言動・性格が多少ずれている事はありますが、能力の使い方はさすがと言えるほど長けています。

 

その証拠が特別講習の私立間瀬垣小学校の女子生徒に向けた轟さん。

 

多くの読者が目を見張りました、こんな風に。

 

 

実はこの轟、ケミィが作り出した幻術なんです。

そう、ここでケミィの本当の個性を知ることになります。

彼女の個性は「幻惑」

 

短い時間しか保つことができませんが、相手を惑わせる能力のようですね。

紹介の際にも「乱用ダメ!絶対!」と書かれている程ですから。

 

・まとめ

今回は謎の美女・現身ケミィについてまとめてみました。

試験中と試験後では大きく異なるケミィですが、その個性は侮りがたいチカラを持っているようですね。

 

今後どのように関わってくるのか期待が高まります。

そして気になるのがケミィに化けてトガが何をしていたかですよね。

 

それについてはまた機会がある時に紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク