弱虫ペダル2年目の青八木のリタイアはいつ?手嶋とのチーム二人は?

皆さんこんにちは!

 

弱虫ペダルはアニメでも漫画でも非常に熱い展開が繰り広げられていますね!

漫画の方ですと、インターハイも佳境に迫り、残すは3日目のゴール争いだけとなりました。

アニメの方ですと、2018年2月現在は1日目のゴール争いが終了したところくらいです。

 

さて今回の記事では、「弱虫ペダル」のインターハイ2年目の青八木のリタイアの時期についてネタバレでご紹介していきたいと思います。

さらに、手嶋との「チーム二人」は今後のインターハイであるのかどうかについても紹介していきたいと思いますので、最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

弱虫ペダルの青八木のリタイアについて

今回のインターハイでは青八木がものすごく活躍していますよね。

アニメでしかご覧になっていない方はここから先ネタバレが多くなってきますので、ネタバレを見たくないと言う方は、そっとページを閉じてくださいね!

 

※ネタバレ注意

1日目ではファーストリザルトラインのスプリント勝負にて鏑木とともに銅橋と戦いました。

最初は青八木がリザウトラインを取る予定だったのですが、思いの外ついてくる鏑木にゆだねました。

結果は銅橋に取られてしまったのですが。

 

そして2日目。

不調となりチーム総北高校から離れてしまい、鏑木は落ちてしまいました。

一人ではどうすることもできない鏑木。

そんな鏑木を連れ戻すために、去年の小野田同様に青八木も鏑木を助けにいきます。

詳しい内容はこちらで確認してください!

弱虫ペダル4期で鏑木一差が倒れた!今後のリタイアの可能性は?

 

チーム二人が復活!?

そしてインターハイ3日目。

今年も広島の呉南高校が集団を作って先頭まで追いつきます。

昨年は真波と小野田が飲まれてしまい、それを荒北が救うと言う展開だったのですが、

今年飲まれてしまったのは総北高校のキャプテン・手嶋純太です。

 

ちょっとちょっと手嶋くん。足引っ張りすぎじゃないですか笑

凡人凡人言ってるけど、ここまで凡人だとは思わなかったですよ!!

とまあ、今はこんなこと言いますが、手嶋くんは後ほどすごいことを成し遂げてしまいますので、バカにできるのも今の内ですよ笑

 

そんな手嶋を助けに言ったのはもちろん青八木です。

2日目で鏑木を助け出し、チームを引き、そして膝を痛めてしまったのにもかかわらず、青八木は手嶋の救出に向かったのです。

 

手嶋を連れて先頭にまで追いつこうとするのですが、ここで呉南高校に止められてしまいます。

ここで、呉南のキャプテン浦久保と手嶋が自転車につけられているセンサーをかけて勝負をすることになりました。

負けたらセンサーを川に捨てるというものです。

センサーがなければゴールしても記録は残ることはないため、実質負ければリタイアみたいなものですね。

 

その勝負を手嶋は受け入れます。

そして見事、青八木のアシストもあり浦久保に勝利するのです。

 

Sponsored Links

 

そしてついに青八木がリタイア、、、

呉南高校との戦いに見事勝利した手嶋と青八木はチームの元にようやく追いつきました。

ここにきて久しぶりに総北高校の6人が揃うわけです。

どのくらい久しぶりかというと、1日目のファーストリザルトあたりです。

本当に序盤ですね笑

 

チームが6人揃ったのはいいのですが、もうそこには箱根学園の姿はありません。

手嶋と青八木を待っていたことから、箱根学園には相当差を広げられていることがわかります。

それを埋めるべく、青八木は最後の力を使います。

それはもう「リタイア覚悟の全力のスプリント」です。

その姿を見た鏑木は涙を流したりもします。

 

ついに青八木の全力全開スプリントによって、箱根学園に追いついた。

そして限界まで出し切った青八木リタイアするのでした。

 

冷静に見えて、レース中は暑くなる青八木先輩は最初から最後までずっとかっこよかったですね!

お疲れ様でした!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here