弱虫ペダル3期・2年目の合宿!手嶋VS古賀の結末をネタバレ!

2017年1月期より放送がスタートした『弱虫ペダル NEW GENERATION』

総北高校と箱根学園の世代交代や、1年生レース、合宿が描かれています。

 

今回の記事では、2年目の合宿についてご紹介していきたいと思います。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

弱虫ペダル3期・2年目の合宿!

総北高校では毎年恒例の合宿・4日間で1000kmを完走という過酷な練習があります。

インターハイメンバーはもちろん完走しなければメンバーから除名されてしまいますし、6位以内にも入らなければいけません。

なので、今現在インターハイメンバーに決定している、今泉、鳴子、小野田、青八木、鏑木の5名は必ず1000km完走し、6位以内に食い込まなければいけない。

 

スタート時、鏑木はインターハイメンバーにのみ課せられるハンデを背負うことになる。

それは段竹竜包との協走。

10m以内に近づいてしまえば警報音がなってしまうため、鏑木は一人で走らなければいけない。

段竹はインターハイに出ないので、段竹の力無しで走るというのは当然の話しだ。

だけど鏑木はスタート時に、その事実に耐えられなくなり足を止めてしまう。

だがそれに気づいた段竹は鏑木に遠くから言葉を投げかけ、何とか鏑木を立ち直らせる。

 

気づいていると思いますが、まだ5名しかインターハイメンバーは決定していません。

決定していたと思われたインターハイメンバーの6人目はまだ決定していない。

一番弱い、手嶋がまだインターハイメンバーに確約していないのです。

その理由は、3年・古賀公貴がインターハイメンバーの6人目を奪おうとしているからです。

 

そしてその思いを、手嶋は理解した上で古賀公貴とインターハイメンバー6人目を賭けた戦いを受け入れる。

今回の合宿は、手嶋VS古賀のインターハイメンバー6人目を賭けた戦いがメインとなっています。

 

スポンサーリンク

 

手嶋VS古賀の結果をネタバレ!

アニメファンという方は、ここから先はネタバレとなってしまいます。

というか全体的にネタバレが多かった記事でしたね。

 

古賀は1年生の時、インターハイメンバーに選ばれ『体力バカ』と言われていた。

手嶋達世代の中では『ホープ』とも言われていて、金城たちからは有望視もされていた。

それでインターハイメンバーに選ばれてインターハイメンバーに出ました。

その年のインターハイは、金城が福富によって落車させられて大怪我をしてしまうという事件があり、2日目にしてエースを失います。

そこで怪我している古賀は、金城の代わりにエースとして走ろうとするが、無理をしすぎて急カーブに気づかずに崖から落ちてしまう。

古賀は負傷し、それからはメカニックとして総北を影から見守っていたが、今回が古賀にとっての最後のインターハイのためそれに出場するためにカラダを仕上げていたのだ。

 

手嶋VS古賀。

結果としては手嶋が勝利します。

 

平凡が才能のある人間に勝つ瞬間が描かれましたね。

今までゴールスプリントでは一度も勝ったことがない手嶋が、初めて、しかも才能がある人間に勝利をするという熱いドラマ。

これでようやく、インターハイメンバーが出揃いました。

 

手嶋、青八木、今泉、鳴子、小野田、鏑木。

 

この6人が、インターハイの2年目に挑みます!

 

まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございました

簡単に今回の記事をまとめさせていただきます。

 

・手嶋VS古賀は手嶋が勝利し、インターハイメンバーの6人目に正式に決定する。

・インターハイメンバーは手嶋、青八木、今泉、鳴子、小野田、鏑木!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here