弱虫ペダル3期の2年目1年生レースの6人目ネタバレ!鏑木VS杉本の結末は?

2017年1月期より放送が開始した『弱虫ペダル NEW GENERTION』

小野田坂道が2年生となり、新たな世代にへと移り変わってインターハイに挑戦していきますが、今回はその世代交代についてご紹介します。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

弱虫ペダル3期の2年目1年生レースのネタバレ!6人目は誰?

総北高校に新たに1年生・鏑木一差と段竹竜包が入部しました。

更に多くの1年生と、杉本の弟も入部することに。

 

1年生レースには、昨年3位だった杉元照文も参加することになり、インターハイメンバー6人目の座を狙います。

鏑木一差と段竹竜包はワンツーでゴールをしたらインターハイメンバーに確約と手嶋と約束し、1年生レースの望みます。

今年入部した1年生は、鏑木一差と段竹竜包がトップレベルの実力だが、他にも沢田とゴリ蔵といったスプリンターもいるため、波乱な展開を見せる。

 

最初は、沢田とゴリ蔵が杉元照文の指示を聞かずに前に飛び出してしまい、ルールを破って後ろを信号待ちにさせて差を開かせてしまう。

こういった目立つ行為をすればインターハイメンバーに選ばれると思っていた二人。

何故、そう思っていたのかというと、昨年の1年生レースでは小野田坂道が脱落だったのにもかかわらずインターハイメンバーに選ばれているし杉元照文は昨年3位だったのに、インターハイメンバーからは外されている。

ようは1年生レースで目立てばインターハイメンバーになれると沢田とゴリ蔵は思っていたらしい。

そこで杉元照文にこのまま信号待ちしている集団を千切ろうと問うが、杉元照文は今はそういうことをしない奴に成長している。

正々堂々、インターハイメンバー6人目になるつもりだ。

 

そしてレースは動き始める。

段竹竜包と鏑木一差は持ち前のスピードで一気に先頭に踊りでる。

後ろを十分に突き放したかと思えば、杉元照文は必死に食らいついている。

そしてフラフラになりながらも鏑木一差と段竹竜包を追い抜いて、先に進む。

鏑木一差と段竹竜包は杉元照文先に行かれても、杉元照文がヘボだと思って追おうとはしない。

しかし、その余裕が自身の首を絞める行為だと気づいた二人は必死で杉元照文を追う。

 

Sponsored Links

 

ずいぶん引き離したのだが、気づいたのが早いためか鏑木一差と段竹竜包は杉元照文に追いつき、すぐざま追い抜く。

そして、杉元照文は足を止めてしまう。

だがそんな時に、杉元照文の弟が追いついたのだ。

弟の力を借りて、二人は再び追いつき、最後のゴールスプリントが行われる。

前に出たのは鏑木一差、このまま段竹竜包も追いつくかと思われたが、その前に出たのは杉元照文だった。

鏑木一差VS杉元照文。

ゴール手前、バイクを前に出した杉元照文だったが、ゴールスプリントを制したのは、鏑木一差だった。

 

ワンツーゴールではなかったため、段竹竜包はインターハイメンバーから除外されたが、インターハイ6人目のメンバーは鏑木一差に決定した。

だが、本当の6人目のメンバーはまだ決まっていない。

現在決まっているメンバーは、

小野田坂道、今泉俊輔、鳴子章吉、青八木一、鏑木一差の5名だ。

 

残る1名は、ずっとバイクのサポートをしてきた3年・古賀か、新キャプテン3年・手嶋純太か。

インターハイ6人目のメンバーは合宿にて決定されるので、お楽しみに!

 

鳴子VS御堂筋についてはこちら

弱虫ペダル3期の鳴子章吉がスプリンターやめる?VS御堂筋の結果は?

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here