トルコの軍事クーデターのネットの反応。成功or失敗したらどうなる?

2016年7月16日に、また嫌なニュースが届きました。

春頃からちょくちょくと予想されていたトルコの軍事クーデターです。

恐らくですが、世俗派の軍にとってはエルドアンは自分の都合の良い時にイスラムを利用した挙句に、 過激派を抑えられない雑魚と捉えたのでしょうか。

 

今回の記事ではトルコ軍のクーデターが成功したらor失敗したらどうなるかについて考えてみたいと思います。

更にネット上の反応もご用意したので最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

トルコ軍の軍事クーデターが成功したらor失敗したらどうなる?

それではトルコの軍事クーデターが成功したらどうなるのでしょうか?

 

軍事クーデタが成功したとしても、米国はトルコ軍のパートナーのままだと思われます。

あくまでも予想なのですが、このことから今度のトルコ軍クーデターが米国からの支援で起きているものだと自白しているようにも見えます。

 

トルコ側ではエルドアン大統領が、軍事クーデター主犯格を厳しく罰するとともに、国民に対し「街頭に出るよう」呼びかけています。

クーデターは恐ろしいものですが、今後の行末がなかなか気になるものですね。

 

軍事クーデターが失敗したらどうなるかは、あまり考えなくても分かるのですが、もう首謀者達を支持する者たちが一人も残らなくなるでしょう。

そして首謀者は大罪人として、重い罰を受けることになりそうです。

 

この軍事クーデターが成功するにしても失敗するにせよ、我々日本にはまだ被害が訪れることは無いようです(現時点では)

 

スポンサーリンク

 

トルコ軍の軍事クーデターのネット上の反応

それでは東狐郡の軍事クーデターによるネット上の反応を幾つか取り上げてみたいと思います。

 

「前から予想はされていたけど、まさか本当に起こるとは思わなかった」

そうですね。私も以前からこうなることを予想していましたし、他の方々も普通に予期していました。

ですが予想なだけに、本当に軍事クーデターが起こるとやはり衝撃的ですね。

 

「中国は国際法など屁とも思わず南シナ海権益強奪を着々と進行、米国では銃殺事件が相次ぎ、フランスでは再びテロ、そしてトルコ軍事クーデター。わずか数日間での出来事。次はなんだ?」

ここ数日で、各国に大きな動きが見られていますね。

中国は南シナ海に関しての訴訟を起こしたり、日本は天皇陛下が生前退位の意向を示していたり、そして今回トルコ軍が軍事クーデターを起こす。

現在、国ごとに大きな動きが見えていて、そこに少しの好きも生じているのは事実です。

各国はどう動くことになるのか先行きが気になるところです。

 

「軍事クーデターのニュース見てすぐに貴方を思いました(´・ω・`)」

「貴方」というのは私の事ではありませんよ(笑)

誰か大切な人に向けての送信だったのでしょう。

無理もありません、私たちに直接的な被害がないにしろ、日本にいつかはこういった悲劇が起こる可能性はあるのです。

今のうちに大切な人と過ごす時間を大事にして見たほうが良いかもしれませんね。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here