鳥谷敬の2017年の年俸はいくら?フライデーの夜の三冠王とは?

鳥谷敬選手といえば、守りの固い阪神タイガースの選手ですよね。

ホームランバッターでもなければ、派手なプレーをしているという印象もありませんが、堅実で確実なプレーをして野球関係者の中でもとても高評価を得ています。

そんな鳥谷敬選手の2017年の年俸がとんでもないことになっているんです!

 

さて今回の記事では、鳥谷敬選手の2017年の年俸についてご紹介していきます。

更に、鳥谷敬選手のフライデーの夜の三冠王についてもご紹介していきますので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

鳥谷敬選手の2017年の年俸はいくらなのか

2016年は、鳥谷敬選手にとっては芳しくない成績で終わったような印象を受けました。

成績としましては、

143試合 打率 .236 本塁打 7本 打点 36 盗塁 13

でした。

結果としては、今までの鳥谷敬選手に比べるとあまり良くはありません。

2017年の年俸のお話をする前に、まずは鳥谷敬選手の今までの年俸を見ていきましょう。

 

2004年:1500万円

2005年:2000万円

2006年:3800万円

2007年:7000万円

2008年:9100万円

2009年:1億3000万円

2010年:1億6000万円

2011年:2億6000万円

2012年:3億円

2013年:2億8000万円

2014年:3億円

2015年:4億円

2016年:4億円

 

2012年から2013年にかけて、一度だけ年俸は下がってしまいましたが、それ以外の年の年俸はずっと右肩上がりで調子がいいですね。

毎年毎年、好成績を残しているというわけではありません。

2016年の成績は、先ほど話した通り、鳥谷敬選手にしては芳しくない結果で終わっていました。

その芳しくない結果でも、2017年の年俸はすごい額となっています。

 

2017年:4億円

 

2014年や2015年に比べれば、良い成績ではなかったのですが、それでも4億円という年俸を2017年に提示することができたのは2017年への期待からだと思っています。

2016年のベストナインゴールデングラブ賞は巨人の坂本勇人選手に奪われてしまったので、2017年はそれらを奪還できれば良いですね!

 

2016年の成績では、4億円はもらい過ぎな気もしますが、それを覆すような結果を2017年では叩き出してほしいですね!

 

スポンサーリンク

 

鳥谷敬選手のフライデーの夜の三冠王について

さてさて、鳥谷敬選手は週刊誌に幾度となく色恋沙汰について目撃され続けました。

それが重なり鳥谷敬選手には1つの異名が名付けられました。

その名も、

『夜の三冠王』

 

その内容がこちら。

正確には『フライデー』ではなく『フラッシュ』です。

恐らくフライデーや週刊誌のほうが知名度が高いため、誤って『フライデー』として拡散されたのでしょうね。

 

鳥谷敬選手の年俸は一般の人からしたらどうしようもなく羨ましい金額なので、世の女性からは完全に憧れの的となっています。

モテモテ過ぎて鳥谷敬選手にまとわりつく女性は後を断ちません。

ただ2017年現在では結婚もして嫁がいるのでこのようなことは控えているとは思いますが、

この『夜の三冠王』と言われていた時代も現在の嫁と婚約中だったので笑えないですね。

 

完全に浮気写真流出だったそうですが、当時はまだ26歳で若気の至りとして嫁からの許し得たのでしょうが、今後はこのようなことがなければいいですね。

嫁さんが泣いてしまいますよ(笑)

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here