ToLOVEるはララエンドで最終回?春菜エンドとハーレムエンドの可能性は?

現在ジャンプSQで連載中の漫画『ToLOVEるダークネス』

全18巻で完結した『ToLOVEる』の続編作品で、メインヒロイン・ララ・サタリン・デビルークの妹の一人、モモ・ベリア・デビルークを中心に主人公・結城リトをハーレムエンドを目指す物語です。

モモや様々な登場キャラクターたちが結城リトに好意を抱いている事がわかっているので、モモは自身を含めたハーレムエンドを志す!

 

今回の記事では、ララエンドで最終回になる可能性についてご紹介します。

さらに、春菜エンドやハーレムエンドの可能性についても触れてみたいと思いますので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

ToLOVEるはララエンドで最終回?

『ToLOVEる』第1巻からメインヒロインとして位置づけているララですが、『ToLOVEる』の終盤のプールで結城リトに対して思いをぶつけました。

そこで、結城リトもララのことを好きだと言うが、同時に春菜のことも好きだと告げます。

普通に考えたらありえない言葉ですが、結城リトだとファンの人も許してしまいます。

『ニセコイ』の主人公・一条楽が桐崎千棘(偽の恋人)と小野寺小咲(中学の頃から好きだった女の子)を同時に好きになった時は、ありえないぐらい叩かれていましたけど(笑)

 

見事、結城リトとララは両思いとなりましたが、春菜とも両思いの結城リトはなかなか決断をすることができていませんでした。

そんな時に、ララの妹のモモが『ハーレム』を作りましょうと切り出します。

この辺はまた下の方で説明していきます。

 

最近、ヤミVSクロというバトル漫画みたいな展開が繰り広げられていましたが、『ダークネス』にちなむ意味が明かされてきたので、そろそろ最終局面を迎えそうなところです。

 

ララの出番は最近になっても少ないままで、結城リトのしていることに大体は全肯定ですが、ネメシスの行った『強行的』なハーレム計画には前向きに考えることができていません。

好きでない人同士のハーレムはダメだけど、好き同士のハーレムならOKって純粋すぎるよララさん(笑)

ララは春菜が結城リトのことを好きだと知っているし、結城リトが春菜のことを好きなのも知っているし、モモのハーレム計画には肯定的なので、これからの物語に深く関わることがもう無いのかもしれませんね。

ララだけのエンドの可能性は少ないですが、初期からの設定である結城リトが婚約候補者ということは変わっていないし、ララの気持ちも変わらないので、ララと結婚する可能性は非常に高いでしょうね!

 

スポンサーリンク

 

春菜エンドで最終回の可能性について

『ToLOVEる』が始まってから『ToLOVEるダークネス』となった今まで、西連寺春菜と結城リトはずっと両思いでした。

ですが、結城リトが春菜に告白を使用とても、毎回何かしらの邪魔やらラッキースケベが発動することで、互いにずっと思いを告げることができないでいました。

 

それでもなんと2016年12月に発売されたジャンプSQの『ToLOVEるダークネス』の75話で春菜が結城リトに思いを伝えることに成功します。

ラッキースケベも無いし、誰からの邪魔も入らずにです。

これに対して結城リトは別作品とかではお約束のお眠りパターンとかかと思われましたが、しっかりと「お、俺もずっと、、、」と言って75話は終了しました。

ついに互いに気持ちを打ち明けることができた二人は今後どうなるのだろうか。

結城リトは春菜と両思いだったということを知って、ハーレム計画を全否定してしまうのだろうか?

 

今現在は春菜エンドの可能性が一番高いので、もしこのまま春菜エンドとなったとしてもファンは納得ですね。

最初から最後まで互いに思いがブレなかったのも凄いことですしね!

 

この先の展開は、掲載され次第追記していきますのでお楽しみに!

 

スポンサーリンク

 

ハーレムエンドの可能性。

ただ、春菜エンドの可能性が高いと言ってはみましたが、やはりダークネスが始まって以来、当初の目的として掲げられていたのは『ハーレム計画』です。

モモは、結城リトに対して大きくても小さくても想いを寄せている人が数多くいることを知っていたし、モモ自身も結城リトのことを好きでいたので、『ハーレム計画』を決行しました。

 

一番の難所である『金色の闇』も心の迷いがなくなり、とうとう結城リトのことを好きであると明かしましたしね。

 

それにしても可愛すぎますね。

 

こうして一番の『ハーレムエンド』を迎えるための要となるヤミを結城リトが落としたことで、ハーレムエンドも濃厚となってきました。

妹であるメアも結城リトに心を開きましたし、そのマスターであるネメシスもだいぶ結城リトになついています。

それでもまだモモの邪魔というか、モモの策略をいくらか狂わせるような行動を取っていたりはしますが。

いきなり、学校に転入して全校生徒の前で、結城リトのハーレムを作ると言い出す始末ですし(笑)

結城リトに思いを寄せる人たちの基盤も整ってきたのですが、ここにきてネメシスのやり方で狂わされてしまった『ハーレム計画』

モモが求めていたのは、結城リト自身が選ぶハーレムエンドだったのですが、ネメシスは権力を使った強行的なハーレムエンド。

好きでもない同士が結婚してハーレムになるなんて、考えられないですよね。

果たして、モモはこれからどうやって巻き返していくのか。

恐らく、春菜の結城リトへの告白で大きく物語を左右してくるので、これからの展開が見ものですね!

 

まとめ

さてさて、ここまでご覧いただきありがとうございます。

簡単に今回の記事をまとめさせていただきます。

 

ララだけのエンドの可能性は低いけれど、結婚はしそう。

春菜エンドが一番濃厚か?

ハーレムエンドの基盤は着々と完成し始めている。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here