食戟のソーマの最新巻19巻の発売日はいつ?ネタバレ・考察・感想

週刊少年ジャンプで連載中の人気料理バトル漫画「食戟のソーマ」の18巻の発売日が近づいてきました。

原作・附田祐斗先生。作画・佐伯俊先生・協力はプロの料理家の森崎友紀先生で作られている作品で、その人気は週刊少年ジャンプでもトップを争うほどに!

学園の成績は料理の腕で決まり、学園での決め事は「食戟」という料理でバトルするという斬新な設定で読者を沸かせてくれています。

 

さて今回の記事では食戟のソーマ18巻のおさらいや、19巻の発売日について紹介していきたいと思います。

さらにネタバレや考察、感想もご紹介していこうと思いますので最後までゆっくりとご覧になっていってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

「食戟のソーマ」18巻のおさらい

18巻ではソーマが叡山先輩を、最後の隠し味で負かしたというところが見どころでしたね。

10傑に席を置いているとはいえ、今までコンサルティングを重視していた叡山先輩ために実力を最大限出すことが出来なかったにしろ、僅かな機関のスタジエールで鍛えた創真のほうが強かったという結果には腑に落ちないところもあります。

結局、審査員も創真の料理を食べて何故か創真に票を投じていましたしね(笑)

けれど展開としては悪くは無いでしょう。

 

さらにこの後はセントラル側の楠連太郎VSっ最先端料理研究会の黒木場リョウの対決に…

セントラルは対戦相手が提示した品で勝利を手にするというスタンスで食戟を行っていて、圧倒的な実力を見せつけていました。

なぜ、黒木場が最先端料理研究会かというと、アリスが以前に食戟で全部奪ったからですよ!読み返せば出てくると思うので是非見といてくださいね!

さて「食戟のソーマ」19巻はどのような展開を見せるのでしょうか?

 

「食戟のソーマ」の19巻の発売日はいつ?

追記:食戟のソーマの19巻は2016年7月4日に発売されます。予想的中です!

食戟のソーマの20巻の発売日やネタバレが気になる方はこちらもチェック!

食戟のソーマの20巻の発売日はいつ?ネタバレや感想も

 

食戟のソーマ18巻は5月2日に発売される予定です。

18巻の収録話数は話の区切りを良くすると、楠連太郎VS黒木場リョウが勃発!というところまで掲載しそうなので155話までで計9話。

2016年4月16日現在で、週刊少年ジャンプで掲載されているのは164話。

合計で9話分のストックが有ることが分かります。

 

夏頃にはアニメ「食戟のソーマ」第二期が放送されることも決まっているので、放送直前に発売されることは明確では無いでしょうか?

つまり7月ころに発売されるでしょうね。

更に、週刊少年ジャンプの単行本は月初めの週に発売される傾向があるので

19巻の発売日は地域での違いはあれ7月1日~7月8日になるでしょう!

 

スポンサーリンク

 

「食戟のソーマ」19巻のネタバレ・考察・感想

ネタバレ

食戟のソーマのアニメの方のネタバレを見たい方はこちらもチェック!

食戟のソーマ2期の選抜の結末やネタバレは?1クールor2クール?

セントラルの楠連太郎VS最先端料理研究会(笑)の黒木場リョウの戦いがメインで行われました。

お題は黒木場リョウが提示した「鮭」を使った料理。セントラル側は相手が指定した料理で叩き潰すスタンスで食戟を行っているため、黒木場の得意料理で始まる。

互いの包丁さばきは見事なもので、黒木場とほぼ互角な包丁さばきを楠連太郎は見せつけた。

 

さらに楠連太郎は、薙切アリスと同じく「スチームコンベクションオーブン」と「凍結粉砕機」という最先端調理器具を駆使し始める。

一見チャラチャラしてそうな雰囲気の楠連太郎だったため、タクミや創真はあんなのを使いこなせるのか疑問を抱いていたところ、セントラル側のにやけ顔が特徴的なメアが得意げに楠連太郎の凄いところを口にした。

 

火入れのスペシャリスト。特に「低温調理」の使い手

 

先に料理をサーブしたのは楠連太郎。サーモンのコンフィ・フラム

審査員の反応は言わずもがな高評価。

内側は生と見分けがつかないようなまろやかさ。外側は香ばしさの演出。日の芸術ここにあり!と大絶賛。

更に付け合せに置いてある鮭のアイスクリームも絶品で優しく火を入れられた鮭の暖かさが鮮明に際立つという代物。

そして後にサーブしたのは黒木場リョウ。クーリビヤック。

鮭の旨みエキスが、暴れ回りそのボリューム感は脳天を揺さぶるほどに!

無題出典:http://onepiece-naruto.com

 

審査員は二人の品を比べると「互角だ…優劣をつけることが出来ない」と答えるが、おじいさん審査員が「二人の皿には決定的な差がある」という。

その差は、「不均一さ」だという。

黒木場の料理にはスパイスがまばらに降ってあり、それが料理を最大限の旨さへと進化させていたのでした。

勝者3-0で黒木場リョウ!

 

そして会場には薊の姿があり…

続きは単行本で!

 

考察

この後、創真はセントラルの授業で十傑第1席の司瑛士の調理の補佐をやることになります。

そして創真は司にセントラルに勧誘されるがそれを断る。

だが、司は自分の第1席の座を掛けて創真に食戟を提案すると、創真はそれを受け入れてしまいます。

どちらの結果になったとしても、この先の展開があまり見えてこないですね。

セントラル側の目的は「日本中の料理店を潰すこと」にあるそうです。もちろん、美食と呼ばれている品を提供している店は潰さずに、その辺にある大衆料理やなどを潰すようです。

 

いきなり創真が第1席に勝ったら、薊政権は覆るのでしょうか?

今後の展開が気になるところですね。

 

感想

セントラルと戦うところは面白いですね。さらに言えば創真が第1席と食戟を交わすという超展開には驚かされました。

いきなりの超見どころな展開になってきました。

ここで勝つことができたら、旗から見ている薙切えりなは創真に惚れてしまうのかもしれませんね(笑)

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

One Response to “食戟のソーマの最新巻19巻の発売日はいつ?ネタバレ・考察・感想”

  1. katudon より:

    よくセントラルの料理人ならだれでも出来ると言うが
    ならこいつらは全員ヒラであり全くすごくも何ともないという事ですよね。
    そうなると何を偉そうにしているのかが良く解らない(笑)
    セントラルは自分料理を作成することを否定しているけどならこいつらはいったいなんだろう?腕は立つけど社交性が無いから何処にも移られる心配の無い事がセントラルに入る条件なのか?
    こいつらの使い道は作り置きの冷凍食品ばかりのファミレスを駆逐・・・だめか単価が高すぎてこいつらの店の料理は都市部や一部の金持ちしか入らないからあっさり潰れるよな普通の料理はエサ扱いだから出せないし生産者の反感買いまくるな(一級品しか引き取らない)慰安旅行も無くなるだろうしエリート学校だけに一般常識は学べないのだろうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here