食戟のソーマの23巻の発売日とネタバレ!VS葉山結末と緋沙子退学

2016年12月31日に食戟のソーマの最新刊22巻が発売されました。

前巻までのあらすじとしては幸平VS葉山の対決も佳境を迎え始めたところですね。

 

今回の記事では、食戟のソーマ最新巻23巻の発売日をご紹介していきたいと思います。

更に、23巻のネタバレもご紹介しますので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

食戟のソーマの最新刊23巻の発売日はいつ?

食戟のソーマの単行本の23巻の発売日は現在、週刊少年ジャンプ野公式HPでは公表されておりません。

ですので、最近の食戟のソーマの単行本の発売日と、週間少年ジャンプで掲載されてまだ単行本に収録されずにストックされている数を参考に発売日を予想していきたいと思います。

まずは、最近の食戟のソーマの単行本の発売日の傾向を見ていきましょう。

 

 

16巻:2016年1月4日(月曜日)

17巻:2016年3月4日(金曜日)

18巻:2016年5月2日(月曜日)

19巻:2016年7月4日(月曜日)

20巻:2016年9月2日(金曜日)

21巻:2016年11月4日(金曜日)

22巻:2016年12月31日(土曜日)

 

週刊少年ジャンプの単行本は、基本的には『4日』に発売される傾向にありますが、4日が休日の場合は繰越もしくは繰り上がりで発売されることになります。

最近の発売日の傾向を見ると、22感を除いて全てが2ヶ月の期間をおいて発売されていることが分かります。

何故、22巻だけが少し早いかというと、年始に単行本を発売しないためです。

週刊少年ジャンプの人も多忙ではありますが、年始は休もうとか、そういうことでしょうね。

 

食戟のソーマは基本的に休載が少ないため、ストック数が安定するので2ヶ月周期での発売が多くなります。

(アニメ2期が開始されれば、また発売日の周期が遅くなるかも)

 

だからといって、23巻も2ヶ月後に発売だ!

とは断定できないので、次は週刊少年ジャンプに掲載されて、まだ単行本に収録されていないストック数を見ていきましょう。

2016年12月25日現在、食戟のソーマは196話まで掲載されています。

22巻が発売される頃も196話までの掲載で、22巻には193話(計10話)まで掲載される予定です(予想)

この時点で、ストック数は3話あります。

 

22巻が発売されてから2ヶ月後に23巻が発売される場合

ストック数12話(23巻に10話掲載されると2話)

 

22巻が発売されてから3ヶ月後に23巻が発売される場合

ストック数17話(23巻に10話掲載されると7話)

 

単行本が発売されるストック数としては、新連載や月刊連載ではない限り「5~10話」くらいがベストだと考えています。

銀魂レベルにまでなると、ストック数がほとんどなくても発売してしまいます(笑)

 

なので、食戟のソーマの最新刊23巻は『22巻が発売されてから3ヶ月後』に発売されるでしょう。

更に、週刊少年ジャンプの単行本は『4日』に発売される傾向にあるので、

食戟のソーマ23巻の発売日は、2017年4月4日(火曜日)になるでしょう!

(22巻の発売日は12月31日でしたが、これは1月に発売したものと仮定します)

 

スポンサーリンク

 

食戟のソーマの最新刊23巻のネタバレ!

それではここからは食戟のソーマの最新刊23巻のネタバレをご紹介します。

ネタバレをご覧になりたくない方は、早急に退場して下さいね。

 

葉山アキラVS幸平創真決着!

票数は1対1と割れて、残るは薙切宗衛の票だけとなる。

そして薙切宗衛が選んだ皿は、『料理人の顔が見える皿』

葉山アキラは、秋の選抜の頃と比べ、皿に対する熱量がかけていた。

ただ最高の皿を作ることしか考えておらず、そこに「誰のための皿か」というのは考えていなかった。

だが、幸平は葉山アキラに食べさせるために、最高の熱量を持って皿を作り上げた。

そこに大きな差があったことで、幸平が勝利を収める。

 

 

葉山は幸平の皿を手に取り、それを食し、幸平が込めた熱量や試行錯誤する情熱が伝わる。

そこで汐見が登場。

早々に葉山にビンタを食らわせると、皆で研鑽し合う風景が、そんな葉山が好きだったと告げる。

別にゼミがなくたって、そこに皆がいればと。

そして、葉山アキラは救われた。

ゼミはなくなってしまったけれど、幸平は極星寮に来いよと言うがそれは叶わない。

薙切薊の要望を満たせなければ学園を去るという契約だったため、幸平に負けた葉山アキラはこれにより退学となる。。。

 

スポンサーリンク

 

緋沙子、イサミ、水戸、アリス、黒木場も退学

葉山アキラだけではなく、10傑メンバーと対決することになった反逆者、

新戸緋沙子、イサミアルディーニ、水戸郁魅、薙切アリス、黒木場リョウ、他極星寮メンバーも10傑との勝負に敗れて退学が決定した。

だが、そのなかでも竜胆先輩と対決することになっていた、タクミ・アルディーニと田所恵だけは合格していた。

料理対決ではなく、竜胆先輩を美味しいと言わせたら合格というルールで、二人共釈然としないまま合格。

 

だが、合格者は幸平創真とタクミ・アルディーニと田所恵だけ。

10傑に所属している薙切エリナも含めればたったの4人。

そこで、幸平は考えた。

自分たちで10傑の席の過半数を獲得して、皆の退学を阻止してやろうと。

今こそ、反逆の時!

 

そこで薙切薊との交渉に入るが、薊には何のメリットもなく、10傑との戦いを拒否される。

そこで現れたのは、幸平の父・才波城一郎と薙切総帥だった。

もしこの戦いに幸平決陣営が負ければ、才波を好きにしていいという約束で、食戟の団体戦が行われることに。

 

何故、薊がその要件で呑み込んだのか。

才波城一郎と薊、堂島銀がまだ学生の頃に話は遡る。

それは、才波城一郎が『修羅』と呼ばれる物語だ。

 

まとめ

さてさて、ネタバレはここまでにしておきましょう!

もしかしたら23感を飛び越えてしまった内容になっているかもしれませんので、ご了承下さい。

 

食戟のソーマ23巻の発売日は

2017年4月4日と予想します!

 

ネタバレを簡単に要約すると、

葉山アキラVS幸平創真は幸平創真の勝利!

葉山を始め、緋沙子、イサミ、水戸、アリス、黒木場、極星寮メンバーが退学決定。

それを阻止するために、幸平、タクミ、田所、エリナで10傑の過半数を奪いに行く!

そして、才波城一郎たちの過去が語られる。。。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here