灼熱の卓球娘の続編2期の放送の可能性。原作ストックや円盤の売上で考察!

2016年10月から12月にかけて放映されたアニメ・灼熱の卓球娘ですが、この作品の原作は少し変わった経歴を持っています。

元々の掲載誌だった「ジャンプSQ.19」が廃刊の憂き目にあい、「となりのヤングジャンプ」に移籍して連載を継続し、ついにはアニメ化まで到達した不屈の作品なのです。

灼熱の卓球娘は、困難を乗り越えて、アニメ化という1つのマイルストーンに到達した勢いを持ってして、アニメ2期へと続くことが出来るのでしょうか?

この記事では、灼熱の卓球娘・アニメ2期の可能性について考察したいと思います。

 

○考察前のおさらい…灼熱の卓球娘ってどんな話だったったけ?

一言で言ってしまうと、市立雀が原中学卓球部を舞台にしたスポ根アニメです。

雀が原中学卓球部は、直近の都大会ではベスト8に進出するなど、都内でもちょっとした強豪チームに位置づけています。

そんな卓球部の2年生エースである上矢あがりは、部の誰よりも練習熱心な少女です。

勉強もスポーツも平凡だったものの、卓球だけは人より上手くなれたことから、卓球とはあがりにとってアイデンティティでした。

そんな彼女のアイデンティティを揺るがす人物との出会いは、突然やって来ました。

ある日、朝練のために学校に向かったあがりは、校門にまたがり降りられなくなっている少女を発見します。

少女の名前は旋風こよりと言い、校門が開いてなかったため、よじ登って校内に入ろうとしたら、それきり降りられなくなってしまったとのことです。

同い年でもあり、内気でちょっと天然ボケの入っている転校生を放って置けなかったあがりは、その出会いの瞬間以降、何かと彼女の世話を焼くことになります。

とはいえ、こよりにも特別な存在になれる場所がありました。

それは、あがりと同じ卓球です。

転校前の中学では、県大会ベスト4メンバーだったというこよりは、強豪である雀が原中学においても、別格の強さを持っていました。

雀が原中学伝統の校内ランキング戦においても、天下ハナビや出雲ほくとといったレギュラーメンバーですら、こよりの前に次々と敗北を喫して行きます。

部内でも注目を集めて行くこよりに、自分の居場所を奪われてしまうと思ったあがりは、部の先輩である大宗夢音に協力を頼み込んで、秘密特訓を開始し、こよりに打ち勝つことで自分の居場所を守ろうとしますが…という展開となっています。

 

 

○灼熱の卓球娘2期の可能性考察その1…原作ストックはどうなの?

2017年1月21日現在、灼熱の卓球娘の原作単行本は5巻まで出ています。

「え?5巻までしか出てないんじゃ、原作ストックはないんじゃ?」と思う方もいると思いますが、心配はいりません。

実は、アニメ1期で消化したパートは、原作の単行本で2巻程度までとなっており、ストックという意味では、アニメの続編をする分量は残っていると言えます。

さらには、2017年1月21日時点での最新話では、連載後初めての都大会が決勝まで進んでおり、切りの良いところまでアニメ化することすら可能です。

 

 

○灼熱の卓球娘2期の可能性考察その2…アニメの人気はどうだったの?

アニメの続編にゴーサインの出る条件に、BDやDVDなどの通称円盤と呼ばれるパッケージの売上があります。

どのくらい売り上げると合格点なのかは、かける予算によって違うと言われているものの、一般的には1巻平均で5000枚が1つの基準となっているようです。

では、灼熱の卓球娘の円盤売上がどのくらいなのかを調べてみると、1巻平均が1400枚弱というデータが見つかりました。

つまりは、円盤売上の観点から見た場合、2期にゴーサインが出るのは難しい数字であるということになります。

 

○灼熱の卓球娘2期の可能性考察その3…原作の売れ行きはどうなの?

円盤売上が厳しい場合でも、実はアニメの続編が展開されるケースがあります。

漫画やライトノベル作品をアニメ化する際には、原作の販促という目的が第一であり、原作の売れ行きが大きく伸びた場合では、円盤が売れない作品でも、2期以降が製作されることもあるのです。

近年では、「七つの大罪」などがその典型なケースだと言われています。

では、灼熱の卓球娘のケースではどういう結果となっているかと調べてみますと、少なくとも紙の単行本では、大きく売れ行きが伸びたという情報はないようです。

現在は、紙の単行本市場は頭打ちなものの、電子書籍市場は成長市場となっていますから、電子書籍の方で売れ行きが伸びている可能性はあります。

実際、掲載誌である「となりのヤングジャンプ」もWEB漫画雑誌ですから、電子書籍で購入する読者が多いと踏んで、出版社の方も紙の単行本は大増刷をかけなかったのかもしれません。

とはいえ、電子書籍の売れ行きに関しては、販売サイトや出版社以外が具体的な数字を入手することは困難ですから、現状、表に出て来ている情報から判断する限り、販促面での成果でアニメ続編が作られる可能性も低いと判断するのが、客観的な考察でしょうね。

 

○3つの考察を踏まえた灼熱の卓球娘2期の可能性は?

上記、3つの観点から灼熱の卓球娘2期の可能性を考察した場合、その可能性は非常に低いという判断が妥当だと思います。

とはいえ、連載の方は、「となりのヤングジャンプ」の方で現在も続いており、この記事を執筆中の1月21日現在では、都大会決勝・副将戦であがりが奮闘中です。

最新話の方は、「となりのヤングジャンプ」をチェックしていれば無料で読むことが出来ますから、以降の雀が原中学卓球部の活躍は、原作の方で楽しむことが出来ます。

 

 

○まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

簡単にまとめさせていただきますと、灼熱の卓球娘は、今後、新規アニメが製作される可能性は低く、以降は原作で楽しんでいただくこととなります。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here