スクールガールストライカーズ(スクスト)の続編2期の放送日はいつ?

スクストは、スクウェア・エニックスの人気スマホゲームを原作としたアニメです。

フィフス・フォースと呼ばれる秘密組織に所属した少女たちが、オブリと呼ばれる異次元生命体と戦うアニメとなっており、主人公格としてアルタイル・トルテのメンバーたちが活躍しています。

サービスシーンなども結構あり、美少女アニメを楽しみたい方にとっては打ってつけの作品である本作ですが、2期の可能性はどのくらいあるのでしょうか?

この記事では、スクスト2期の可能性について考察したいと思います。

 

Sponsored Links

 

○考察の前におさらい…スクストってどんな話だったっけ?

現実世界を守るため、日夜、異世界で異次元生命体オブリと戦い続ける、フィフス・フォースと呼ばれる秘密組織に所属する少女たちの物語です。

主人公格には、アルタイル・トルテと呼ばれるチームの少女たちが選ばれており、彼女らを中心に物語は展開されます。

アルタイル・トルテのリーダーである美山椿芽は、記憶喪失であり身の上が不明という設定であり、これまでに放映された4話までの展開を見る限り、彼女の正体が「物語のキーとなるのではないか?」と臭わす伏線が張り巡らされています。

フィフス・フォースのメンバーたちは、オブリと戦う戦士たちである一方で、私立五稜館学園に通う女子高生でもあります。

そのため、アニメ4話までの時点では、対オブリよりも、五稜館学園などを中心とした日常パートが中心となっています。

椿芽の記憶喪失などの設定でも分かるように、しっかりとシリアスモードへのフラグが立てられてはいますが、現状では、明るい雰囲気で、女子高生たちがイチャイチャする日常アニメ的パートが多い特徴があります。

フィフス・フォースの面々たちも、何かと落ち込みやすい性格をした椿芽を懸命に励ます気の優しい少女たちなため、美少女アニメ好きなら見て損をしないアニメです。

 

○スクスト2期考察…原作ストックや販促効果はどうなのか?

スクストの原作は、ノベライズ式のスマホゲームです。

そのため、2014年4月よりサービスがスタートしてからこれまでの間に、新規で追加されたシナリオが大量にある状態なため、原作ストックに関しては、まったく問題がないと言えます。

また、「スクールガールストライカーズ Comic Channel」というタイトルでコミカライズもされていましたが、2017年1月に販売された第5巻により連載はいったん終了しています。

アニメの人気を示す指標として用いられるBDやDVDなどの通称円盤売上はどうなのかと調べてみると、Amazonの予約ランキングを見る限りでは、続編にゴーサインが出る1巻平均5000枚には届かずに終わりそうな予約状況です。

まぁ、スマホゲームが、基本無料な上に声付きで遊べるわけですから、アニメ作品のファンは円盤を買うよりもゲームに向かったのかもしれません。

では、スマホゲームの売上はどうなのかと調べた場合、2017年2月1日のGoogle Playのトップセールス部門で、TOP20位に入っていることが確認出来ます。

2014年4月にリリースしてからしばらくの間は、AppStoreやGoogle Playのトップセールス部門で上位常連の大ヒットを飛ばしたスクストですが、2016年にはさすがに勢いに陰りが見えていたところだったため、アニメ化は一定の販促効果があったと判断出来る状況です。

 

○以上の結果を踏まえたスクスト2期の可能性

スクウェア・エニクスの判断次第だと言えます。

アニメ化により、スクストのスマホゲームのセールスが伸びたため、成功したアニメプロジェクトであることは確かです。

しかし、再度のアニメ化というと1年後以降の話となります。

2014年にサービスを開始したゲームの2期アニメを2018年以降に展開するということは、案外難易度が高いと思われます。

可能性があるとしたら、スマホゲームに良くある世界観を引き継いだリニューアルをした場合、そのゲームの販促として新規アニメプロジェクトがあるのではないかと思われます。

つまりは、スクストシリーズの新規アニメという形ならば、続編アニメがある可能性もあるという結論です。

現在、スクールガールストライカーズの漫画は5巻まで発売され、完結しています。

○まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

簡単にまとめさせていただきますと、スクールガールストライカーズのアニメ続編の可能性に関しては、現時点ではスクウェア・エニックスの判断次第だと言えます。

新規アニメがあるかどうかは、今後のスマホゲームでの展開次第ではないかと推測出来ます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here