卒業式で泣く女子はモテるけど男子は引かれる?泣く方法を紹介!

卒業式。

それは新たな1歩と同時に友達や先生との別れでもあります。

親しい友達と進路が違い、離ればなれになってしまうことに涙ぐむ人は多くはないですが、寂しいと思う人は多いです。

 

今回の記事では、卒業式に泣くことについてご紹介していきます。

さらに泣く方法についてもご紹介していこうと思いますので、最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

 

スポンサーリンク

卒業式で泣くことについて

親しい友達との別れとなると、どんな人でも寂しいという気もちになるはずです。

そんなときに、涙を流してしまうことは決して恥ずかしいことではありません。

それほど大切に思っている証ですので、泣きそうになったら泣きましょう。

とは言っても、誰であろうと人前で泣くことに抵抗はありますし、泣いてしまったら周りの人に引かれてしまうのでは?と思ってしまいます。

 

なので、男女の中学生高校生に分けて卒業式に泣くことについてどう思われるのをご紹介していきます。

まずは、ORICON STYLEによるアンケート調査を御覧ください。

≪全体での割合≫

泣いちゃう派 39.7%  泣かない派 60.7%

全体で見るとなんと泣かない派方が多いんですね。

少し驚きでした。

次に男女で見てみましょう。

≪女子の割合≫

泣いちゃう派 58.6%  泣かない派 41.4%

≪男子の割合≫

泣いちゃう派 20.8%  泣かない派 79.2%

引用:http://jouhou-world.net/478.html

 

女子が卒業式に泣くとモテる?

小学校でも中学校でも高校でも、卒業式に泣いている人の比率は女子の方が多いです。

皆さんも、周りを見渡したときに多くの女子が泣いているのを見たことがあるでしょう。

さて、今あなたが思い描いた女子の泣き顔はどんな感じだったでしょうか?

 

堪えきれずに思わず雫が1つ落ちていたでしょうか?

拭いすぎて目元や鼻が赤くなっていたでしょうか?

涙を流しながら「泣いてないよ」、と笑顔だったでしょうか?

静かにポロポロ泣いていたでしょうか?

 

様々な泣き方がありますが、女子がこの泣き方をしていたら、回りにいる男子陣はぶっちゃけときめいています。

わんわん大きく泣いている女子は男女問わずに引かれてしまいますが、上記の泣き方をしている女子がいたらこそりと視線をチラチラと向けているはずですよ。

小学生でも中学生でも高校生でも、男子は女子の『守ってあげたくなる』しぐさにときめいているので、女子の皆さん、卒業式に泣きたくなったら上の4つのどれかの泣き方をしましょう!

 

Sponsored Links

 

男子が卒業式に泣くと引かれる?

男子に関してですが、小学生でも中学生でも高校生でも大学生でも、どんな時でも男子は強がっていたいと思うものです。

特に、涙をながすところなんて誰にも見られたくないですよね。

 

人によっては泣いてしまうと男女問わずに引かれてしまいます。

どういう人が引かれてしまうのかというと、

クラス(学年)のカースト順位が極端に低い人。

容姿が残念な人。(カースト順位が高ければ例外)

嫌われている人。

 

極端な話、カースト順位が低い人が泣いていると引かれるといいますか「え?」ってなりますよね。

卒業式で男子が泣くことで、一番好感度が高くなるのは『生徒会長の答辞での涙』だと思います。

私が中学生の頃、生徒会長が男子だったのですが、彼が答辞で泣いた時は驚きましたが、それでも私の中では好感度は上がったと思っています。

そしてそう思った人は少なくないでしょう。

 

『男泣き』。何ともカッコイイじゃないですか。

男子が卒業式でなく上で、引かれない条件としては、

・カースト順位が高くあること。

・自分がその学生生活の中で『何をしてきたか』(生徒会長、中心となってクラスを盛り上げていた人、部活を頑張っていた人、勉強を頑張っていた人。など)

だと思います。

 

 

とりあえずは、自分が卒業式で泣くに値する人間かを見極めることが大事ですね。

最後の最後でやらかしてしまっては黒歴史になりかねませんよ(笑)

 

Sponsored Links

 

卒業式に泣く方法。

卒業式となって、いざ泣こう!と思っても実際には難しいものです。

泣こうという意気込みがあればあるほど、涙が全く出ません。

だって、卒業式に泣いている人のほとんどは泣こうと意気込んでいるわけではなく、ふとした瞬間に涙がこぼれてしまうんです。

 

なので、卒業式に泣きたいと思っている人は、以下のことを卒業式の最中に思い出して下さい。

 

・失恋したこと。

・部活で頑張ったこと。

・志望校に必死に勉強して合格したこと。

・友達と、当たり前のように毎日一緒にいた事。

・もう2度とこの時間が訪れないこと。

 

進路が違くなってしまえば、当然、会う機会は少なくなっていきます。

特に、就職してしまえば、当たり前だった友達との日々が、当たり前ではなくなっていきます。

毎日会っていたのに、気づいたら2ヶ月、3ヶ月、それ以上会っていないということもあります。

学生時代、自分がどんな大人になるのだろうか想像したことはあると思いますが、いざ大人になると、変わってしまう環境に一時は動揺してしまいます。

もう2度と、この時間は訪れないんです。

 

とりあえず、心のなかではこんな感じでしんみりしてもらえれば泣けるはずですよ。

実際、これを執筆している段階で、私も学生時代を思い出してしまい涙が出そうになりました(笑)

 

まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございました。

それでは簡単にですが今回の記事をまとめさせていただきます。

 

・女子は泣き方のよってはモテる。

・男子は泣く人によっては引かれたり、好感を持てたります。

・卒業式で泣く方法は、『もう2度と訪れない』ことを自覚することですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here