そして誰もいなくなった(ドラマ)の真犯人は小山内保?ネタバレ予想

2016年7月17日から放送がスタートしたドラマ「そして、誰もいなくなった」

登場人物全員が容疑者というストーリー展開となっており、早くも誰が真犯人なのかを予想するのが盛り上がっています。

 

今回の記事では、「そして、誰もいなくなった」に登場する、主人公・藤堂新一の親友・小山内保が真犯人か否かについて予想していきたいと思います。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

そして、誰もいなくなった(ドラマ)の真犯人は小山内保?

ドラマ「そして、誰もいなくなった」で主人公・藤堂新一の親友である総務省に努めている小山内保。

今回は、彼が真犯人か否かについて予想してみたいと思います。

 

現段階では、小山内保が一番真犯人の可能性が高いでしょう。

第1話の終盤で小山内保がボイスチェンジャーで話している風に演出されていたので、確実に小山内保が真犯人か、真犯人の協力者だといえます。

小山内保は、藤堂新一に紹介してもらった店のオーナー・日下に「指紋採取」か「薬を入れる」を頼まれている風にも映りました。

 

更に、小山内保は総務省・官僚の力を使いどうにかして偽・藤堂新一の写真を手に入れ、藤堂新一に渡しました。

そして新一は、自信が開発した「ミス・イレイズ」を応用して、偽・藤堂新一が「川野瀬猛」という人物だということを突き止めました。

その名前を小山内保が聞いた直後に、何者かに「ミス・イレイズ」で「川野瀬猛」に関する情報を全て削除され、さらに藤堂新一の個人情報を全て上塗りされてしまいました。

 

これは間違いなく、小山内保が協力者に指示してのことでしょう。

そしてそれは、藤堂新一が務める会社の誰か。

 

第1話で小山内保はこれだけの怪しい点を残してくれました。

真犯人または真犯人の協力者であることは間違いないかもしれません。

これをただの、容疑者に見せる演出だとするのならお手上げですが、一番の可能性を秘めている人物です。

 

スポンサーリンク

 

小山内保が真犯人であるか否かについては今後、怪しくなってきた場合に追記していきたいと思いますのでお楽しみに!

原作というのが無いので今後、どんな展開になっていくのか気になりますね!

 

他にも怪しい人の記事もありますので是非ご覧になって下さいね!

そして誰もいなくなったの真犯人は田嶋達生(ヒロミ)?予想

 

自分はこう思う!といったコメントお待ちしています

 

まとめ

小山内保が真犯人または協力者である可能性は非常に高い。

現時点では怪しい点が多く見受けられるので、本当に真犯人かもしれないですね!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here