そして誰もいなくなったの真犯人は家出少女・君家砂央里役の桜井日奈子?

2016年7月期より放送がスタートした日曜ドラマ「そして、誰もいなくなった」

登場人物が全員容疑者でSNS上では犯人予想は盛大に盛り上がりを見せています。

 

さて今回の記事では、ドラマ「そして、誰もいなくなった」の家出少女・君家砂央里 役の桜井日奈子さんの犯人の可能性について考えてみたいと思います。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

そして、誰もいなくなったの真犯人は家出少女・君家砂央里役の桜井日奈子さん?

ドラマ「そして、誰もいなくなった」で家出少女・君家砂央里役の桜井日奈子さん。

 

現時点での私の予想は、家出少女・君家砂央里役の桜井日奈子さんは真犯人の可能性はないと考えます。

一応、怪しい点を考えてみましょう。

 

・第1話で藤堂新一と離れた時に見せた意味深な顔

・第2話に藤堂新一が乗せられた車を追っていた

・その後、バー「KING」で馬場の隣に座り、日下と馬場とともに乾杯をしていた。

 

以上の3店が、家出少女・君家砂央里役の桜井日奈子さんの本ドラマにおいての怪しい点です。

これらだけでは家出少女・君家砂央里役の桜井日奈子さんを真犯人だと断定することは出来ません。

ですが、日下と馬場は藤堂新一に関する「何か」を知っている立場と考えているので、家出少女・君家砂央里役の桜井日奈子さんは彼らの仲間だといえます。

 

バー「KING」のオーナー・日下と馬場の真犯人の可能性についての記事もございますのでよりしければご覧になってください。

そして誰もいなくなったの真犯人は日下瑛治役の伊野尾慧?

そして誰もいなくなったの真犯人は謎の人物・馬場役の小市慢太郎?

 

家出少女・君家砂央里役の桜井日奈子さんは真犯人ではなく、どちらかと言えば協力者という立場にありそうです。

 

現在の家出少女・君家砂央里役の桜井日奈子さんは、真犯人ではないにしろ、何かしらの怪しさを秘めています。

別記事で記載しているのですが、藤堂新一が公安に追われる前に「ガキの使い」と名乗る男からの電話がありました。

その「ガキの使い」が馬場ではないかと私は予想しています。

そして誰もいなくなったのガキの使いの正体は誰?馬場なのか?

 

「ガキの使い」は最初から近くに公安がいる事を知っていました。

そして小山内保は知ら無かったゆえに計画が破られ、藤堂新一を誘拐されてしまいました。

 

このことから「ガキの使い」はわざと小山内が「KING」にやってきたタイミングで藤堂新一に電話をして外に出したのだととしたら、確実に小山内と「KING」は相反する立場。

「ガキの使い」と公安は見方では無いにしろ、小山内の計画を「KING」は見事潰すことが出来たわけです。

 

「ガキの使い」=馬場

「協力者(スパイ?)」=君家砂央里

だとするのなら、日下がリーダーで「ガキの使い」の言葉とおり、藤堂新一を助ける立場なのかもしれませんね!

 

そして小山内が真犯人。

 

これなら何となく辻褄もあってきそうですね!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here