そして誰もいなくなったの真犯人は日下瑛治役の伊野尾慧?

2016年7月期のドラマで一つ、大きく盛り上がりを魅せている作品があります。

それはドラマ「そして、誰もいなくなった」

 

アガサ・クリスティー原作の「そして誰もいなくなった」とタイトルは似ていますが、まったく別のオリジナル作品です。

登場人物が全員容疑者と謳っていて、早くも真犯人予想で大いに盛り上がりを見せています。

 

さて今回の記事では、ドラマ「そして、誰もいなくなった」の日下瑛治役の伊野尾 慧さんの真犯人の可能性についてご紹介していきたいと思います。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

そして、誰もいなくなったも真犯人は日下瑛治役の伊野尾 慧?

ドラマ「そして、誰もいなくなった」でバー「KING」でバーテンダーとして務めている日下瑛治役の伊野尾 慧さんの真犯人の可能性について考えていきたいと思います。

 

現時点での私の予想は日下瑛治は「黒」です。

真犯人もしくは真犯人の協力者だと思われます。

 

疑わしい点は

・藤堂新一のコップを閉まった(指紋採取のためか?)

・怪しい小山内保の提案を受け入れた↑

・「自覚している悪事より、自覚していない悪事のほうが、ムカつく」という発言

 

ジップロックに藤堂新一に渡したコップを意味深な顔で閉まっていました。

これが小山内保に頼まれた提案なのかもしれません。

二人はここから第1話の終盤にへと繋がっていくのでしょう。

 

第1話の終盤でボイスチェンジャーで話していたのは協力者の日下瑛治で、真犯人は小山内保。

今の時点ではこう考えるのが必然でしょう。

 

3つめの発言は、日下瑛治が藤堂新一に思っている事だったのかもしれません。

だから、藤堂新一を陥れようとしいる。

こういう捉え方も出来ます。

 

逆に、この意味深なやり取りは怪しさを演出しているだけで、実は裏では藤堂新一の手助けとなる行為をしているのかもしれません。

あの第1話の終盤のシーンで主人公・藤堂新一を殺したことにして、一度、藤堂新一を表舞台から隠し、偽・藤堂新一の何かしらの動きを弁護士とともに観察する。

 

そこから真犯人を炙り出し、目的や正体を暴く!

 

けっこう無理やりな予想となってしまいましたね(笑)

 

ですが、日下瑛治の新犯人説を否定するとすればオープニングで日下瑛治のバックに写っている「慈愛」という文字。

「慈愛」とは「常に慈(いつく)しみを注(そそ)いでかわいがる(=愛)心」という意味です。

日下瑛治は自分の母親も父親のことも知りません。

もしかしたら、藤堂新一だけが知らないだけで彼らは兄弟という考え方もあります。

 

兄弟だからこそ「慈愛」の心を持っている。

 

逆に「兄弟」だからこそ有能な兄に嫉妬して、削除してやりたいと思っている可能性もあります。

 

現時点では、いろいろな方面で怪しさがにじみ出ているので、放送数が増えてき次第、日下瑛治の怪しい点を追記でまとめていきたいと思います。

お楽しみに!

 

まとめ

真犯人の協力者だから指紋採取の可能性あり。

意味深な発言もあり、日下瑛治が真犯人という可能性もあり。

「慈愛」の意味がどう転ぶかも注目です!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here