そして誰もいなくなったの馬場はどうなった?生きてる?ネタバレ予想

2016年7月期より放送がスタートされた「そして、誰もいなくなった」

第二部に突入し、最初の回が放送され、衝撃的な展開となっていきました。

今回は、第7話で馬場が海に車で飛び込んだ結果についてご紹介します。

 

最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

馬場は生きてる?

第7話では、馬場が小山内をバットで殴りつけて、拘束し車に監禁して逃げました。

しかし、途中で警察と遭遇してバレそうになるハラハラする展開となりましたが、馬場の怪しさと、通報されたナンバーとの一致で、

馬場は警察に追われることに。

 

車で逃げ続けますが、もう1台警察の車も追いかけてきた大ピンチに。

誰かに助けを求める馬場だが、一人で切り抜けろと無理な事を言われるが

「やる時はやる男なんだよ」

と自身のことを高く評価する馬場は、ある決断を下しました。

 

それは小山内と馬場自ら車で海に飛び込むことに。

 

この状態だと、二人共生きているはずはないのですが、

次回予告だと、小山内は出てきました。

普通に次回予告でネタバレされてしまいましたね(笑)

 

ですが、馬場については次回予告では触れませんでした。

これは生きているか生きていないかは次回のお楽しみ!という演出なのでしょう。

こういうものに限って、基本的には生きているものです。

 

藤堂新一は、「明日が決行の日だ」と何かしらの計画を決行する準備をしていました。

それには馬場が絶対に必要だとのこと。

 

なので恐らく。

ギリギリまで馬場を待って、決行をする直前に馬場は生きて帰ってくるといった展開になるのではないでしょうか?

海に飛び込む瞬間に、窓を開けて、難なく逃げ延びたに違いないでしょう。

 

小山内は、普通に警察に助けられたのでしょうね。

 

この先の展開が、全く読めなくなってきた「そして、誰もいなくなった」

クリスティの名作として知られる「そして誰もいなくなった」とは全くの別物なので、ネタバレを明確にすることは出来ません。

とりあえずは、タイトル通り藤堂新一が仲間はずれだという事で、信頼できる人が「誰もいなくなった」わけですね。

 

真犯人の目的として「孤独」を決行するにあたり、4日は7つの罪をこれから起こします。

7つの罪と聞けば「7つの大罪」が思いつきますが、今回は「7つの大罪」に因むような展開になるのか、疑問です。

 

オープニングのタイトルで見れば、

ヒロミさんの演じる田嶋は「欲望」

伊野尾慧さん演じる日下は慈愛⇔「嫉妬?」

 

ぐらいしか思いつきませんね。

そしたらこの二人が黒幕になってしまいますし(笑)

 

今後の展開が全く予想がつきませんが、いろいろと予想がつき次第、またネタバレ記事としてアップしていこうと思いますのでお楽しみに!

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here