銀魂実写映画化に対する空知英秋のコメントが流石すぎる!

2016年6月30日に発売された週刊少年ジャンプで「銀魂」の実写映画化が正式に発表されました。

最初は、憶測で実写映画化になるのではないか?となり騒がれ、次にデマだという情報が出回り収束したと思われましたが、

今回正式に実写映画化を発表したことにより銀魂クラスタたちの間で大いに盛り上がりを見せました。

 

さて今回の記事では、そんな銀魂実写映画化に対する原作者・空知英秋先生の率直なコメントをご紹介していきたいと思います。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

銀魂実写映画化に対する空知英秋先生のコメントが流石すぎる!

今回なぜ、空知英秋先生が銀魂の実写映画化を引き受けたのか、週刊少年ジャンプのカラーページに長々とコメントを綴っていました。

 

無題

さすが空知英秋先生と言ったコメントですよね。

自分の作品を「泥船」と例え、映画が大コケした時にスタッフがダメージをあまり食らわないように配慮を施し、

銀魂実写化が決定したらファンがどんな反応を示すか理解した上でのコメントを綴っています。

こんなことを「銀魂」の原作者である空知英秋先生に言われてるので、銀魂実写映画化で荒れるかどうかはよく考えたほうが良いですよ。

 

ファンのことを一番に考えて、銀魂ファンが銀魂のキャラ像と実写化する際のキャラ像を分けて捉えてくれると理解してくれると信じているからこそ、今回の実写化を受けたそうですよ。

 

それに今回発売された週刊少年ジャンプの巻末コメントには

 

実写化です。ちょっと豪華なコスプレ大会位の温かい目で見守ってくれると幸いです」

 

とコメントを残しています。

原作者が普通こんなことを言えませんよね(笑)

実写化する際に絶対に言ってはいけないコメントと言っても過言ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

今回、俳優の小栗旬さんが主人公(坂田銀時役?)を演じることが決定しております。

空知英秋先生のコメントにも綴ってありますが、小栗旬さんは銀魂の作品内で「小栗旬之助」として姿を現しています(笑)

九兵衛の誕生日パーティーの回で、小栗旬之助は登場しましたね!

タモさんと歩いていたり、神楽の真似して食べ物をとりに行こうとして恥をかいたり、東条が客を帰らせたのに何故か小栗旬之助は残っていたりと、強烈なキャラとして作中で輝いていました。

 

まさかこんなところで繋がってくるとは思いませんでしたね(笑)

 

何にせよ、今回の銀魂実写映画化をファンの事を一番に考えてくれた空知英秋先生のために、実写映画化について荒れるのは控えたほうが良さそうですね!

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here