冴えない彼女の育て方2期の氷堂美智留のサークルに入った経緯

 

みなさん、こんにちは。

「冴えない彼女の作り方」アニメ二期楽しみですね。

本稿では、アニメの最終局面で仲間に入った、氷堂 美智留についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

氷堂 美智留

「さえかの」の特徴のひとつに、「やたらおさななじみキャラが乱立する」というものがあります。

美智留は倫也の従姉妹にあたります。

美智留の父と倫也の母が兄妹で、倫也と同じ生年月日で、同じ病院で産まれ、生後、しばらくの間、父方の実家に預けられた際、同様に母方の実家に預けられた倫也と共に育てられていきたのです。ええ、圧倒的な幼馴染。

この作品には、波島出海、澤村英梨々(ぱちもん幼馴染)など、やく3人もの幼馴染が登場するのです。

まあ、落ち着いて考えてみると、幼稚園+小学校と在籍しているだけで、だいたい200人くらいの女子とは出会っているはずなので、幼馴染が一人もいないというのがおかしいのかもしれません。言っててかなしくなってきました(泣)。

とりあえず、この従姉妹とにかくあきっぽい野生児。美智留は倫也を「トモ」と呼んでいて、倫也の裸を見ても平然とし、倫也の前でも露出度の高い服(時には下はパンツのみ)でだらだらしている始末。

ひたすらやんちゃで、プロレスが大好き。よく倫也にプロレス技をかけて遊んでいるが、その時の肌の密着具合についても気にしておらず、
「家族(イトコ)だし」と言って、異性として倫也のことをまったく意識していません(という設定になっています。)。

若干DQN臭がただようお姉さん。

もちろん、小理屈をこねまくる詩羽は苦手。

よく下ネタ攻撃を受けて、苦戦を強いられています。そんな彼女がサークルに加わったのには、ある事情がありました。

 

Sponsored Links

 

彼女が仲間に入った経緯

加入の経緯は若干ご都合主義的なので、ご容赦ください。

っていうか、美智留姉さん、空色デイズがアニソンだって知らなかったんですか・・・。

というか倫也君、美智留姉さんの曲聞いてもアニソンであることに気が付かなかったんですか・・・。

という慨嘆が止まらない、美智留のエピソードを簡単に紹介します。

当初オタクに対して偏見maxだった美智留。

しきりに自分のゲームのBGM担当として勧誘してくる倫也を退け続けます。

なんと最後には、「お前のサークル、お前以外みんな本気じゃねーだろ。」と倫也のやる気をぽっきりとへし折ります。まあ、あながち間違ってもないですけどね。

みんな倫也の歓心を買うことに、重心がおかれてしまっている部分がありますからね。

加えて、自分のサークルのマネージャーとして倫也を勧誘する始末。実際には、倫也は恵の助言を受けて、これにのったふりをします。

実は、美智留が所属していた軽音サークル、美智留が入る前はこてこてのアニソン専門バンドだったのです。

美智留は自らがだまされてアニソンを歌い続けていたことを知り、そのファンとのふれあいを通じて充足感を得ることができたのでした。

ついに倫也のサークルに協力することにしたのです。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here