Reゼロか始める異世界生活(リゼロ)の続編2期のネタバレPart2

前回の記事では、スバルが第1の試練「過去」を突破するところまでネタバレしていきました。

アニメ2期で言えば、4、5話あたりの内容になるのではないでしょうか?

前回の記事をご覧になっていない方は、こちらをチェックして下さいね!

Reゼロから始める異世界生活(リゼロ)の2期のネタバレPart1を紹介

 

今回の記事ではReゼロから始める異世界の2期のネタバレPart2をご紹介していきたいと思います。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね

 

スポンサーリンク

 

Reゼロから始める異世界生活の続編2期のネタバレPart2

無事に過去の試練を突破することの出来たスバル。

虚偽の、夢の世界に会った意識は現実に戻る。

目覚めたスバルは、暗がりの中、墓所に先に入っていたエミリアを見つける。

エミリアはうなされるように倒れていた。

 

そんなエミリアを見てスバルはエミリアに触れると、その意識は戻り目が覚める。

すると、先ほどまでスバル同様に『過去』の試練を受けていたエミリアはそれを思い出したかのように、取り乱す。

泣き崩れるエミリアは、ずっと姿をくらませているパックの名前を叫ぶのであった。

 

取り乱したエミリアは一旦、就寝。

その間にガーフィール、リューズ、ラム、オットーの4名に事の顛末を伝えるスバル。

墓所に入ってスバルが試練を突破したこと。

エミリアが失敗したこと。

本来ならば、エミリアがクリアしなければいけない試練をスバルがクリアしてしまう。

けれど、試練は合計で3つクリアしなければいけない。

 

エミリアがクリアしなければいけない試練を変わりにスバルが果たそうとするが、先ほど目覚めたエミリアも覚悟を決めて、追いついて追い越すと言い出す。

そう強がるエミリアだった。

 

だが結果は惨敗。

3日連続で、泣きながら墓所の中から出てくるエミリア。

エミリアが試練を受けている最中、第2の試練が始まらないというイレギュラーもあり、スバル達一行はただ何も出来ず、泣きじゃくるエミリアを見てるだけだった。

 

聖域に来て5日目の朝。

気分転換で早朝に散歩をしていたスバルはガーフィールと遭遇する。

ガーフィールは、「足引っ張りやァがるから、お前一人でやったほうが良かったじゃねェか」と言うが、乗り越えるべき試練は人それぞれ違うから、それを足手まといだとは思えないスバル。

惚れた相手だからそうやって優しくするんだと思っているガーフィールに、エミリアを諦めて試練に挑めばいいと言う。

それでもスバルは、時間が掛かるけれどいづれはクリアできることを信じている。

そこでスバルはガーフィールに提案する。

互いに、問題視しているのは時間。ガーフィールは避難民や聖域民の均衡が崩れてしまう時間制限の懸念、そもそもエミリアがクリアできないと思っている。

ならば、軟禁されている避難民達の解放を願い出る。

いろいろと否定をするガーフィールだげ、ある条件を飲めばそれを合意するという。

その条件は

『スバルが試練を受けること』

だった。

 

スポンサーリンク

 

3日もボロボロにずたずたに精神を傷つけられたエミリアが限界に見えていたガーフィール。

これもガーフィールの優しさだったのだろうか。

その条件を飲むのに悩んでいたスバルは、エミリアともう一度会う。

そして、分かった。

エミリアはもう限界だということに。

 

その同日。

スバルとオットーは、ガーフィールの先導のもと、避難民を連れて聖域から出る。

ガーフィールは聖域の外には出られないということで、ガーフィールとは途中で別れた。

 

アーラム村に戻ってきたスバルは、屋敷に向かう。

屋敷に入ると、フレデリカとペトラが待っている。

そう思っていたが、彼女たちの姿は見当たらない。

おかしいと思い、ペトラの部屋に入ってみるも、部屋は荒らされておらず整頓されていたまま。

 

風の吹き抜ける感覚を味わうと、それがおかしいと感じる。

それは隠し扉の存在。

以前のループの時、この隠し扉の先の階段でパックに氷漬けされたことを思い出す。

だが、それがどうして今開いているのだろうか?

 

何かから逃げるため?ならば何から?

フレデリカは書き置きせずにいなくなっていることもあり、とりあえずペトラとフレデリカは緊急で外には避難しているのだと考える。

ならば、ベアトリスは?

すんなりついていくとも思えないため、スバルは扉渡りを破るため、歩きだす。

 

ふいに、足元を踏み外すスバル。

内臓がこぼれ落ちる。

 

そこにいたのは、以前にも出会ったことのある女、エルザ・グランヒルテだった。

 

そしてループが幕を開ける。

 

目が冷めた場所は、第1の試練を突破した直後。

再びエミリアを起こすところからスタートする。

先ほどと同じように、話がはじめり、スバルも頭の中で状況を整理する。

以前のループであったガーフィールとの交渉をもう一度試みるように、第2の試練を自分が受けて聖域を解放するという話を切り出すスバルだが、その否定を思わぬとこおから受けることとなる。

その思わぬ相手とは、金髪の青年。ガーフィールだった。

前回のループでは肯定したはずのガーフィールが、今回のループで否定する。

 

スポンサーリンク

 

その意外な反応に、どうすることも出来ないスバルは、ロズワールのところへ向かう。

ガーフィールのを説得して避難民を解放する手はずを整えてほしかったり、エミリアの過去を聞いたスバル。

90年以上前の話。エリオール大森林というエルフたちの住処を、一人の少女が凍てつかせる。

そしてその少女は今も、たった一人で生き続けている。

そこを住処としていた人たちは、氷漬けにされ今も時間を止められている。

 

言うまでもなく、それをやってのけたのはハーフエルフであるところのエミリア。

若干と言うかとてもとてもスバルより年上だったことが衝撃的。

話を聞いたスバルは、次に墓所にへと向かった。

 

エキドナとの茶会の内容は他言無用の契約となっていたため、エキドナの名前すらも忘れていたスバルだが、ふいにラムの口から出たエキドナという言葉から、その記憶を取り戻す。

その後に、スバルは墓所にへと向かうことにしたのである。

だが、その墓所の前に立ちふさがっていたのはガーフィールだった。

墓所の中には絶対に入れさせないと言うガーフィール。

何故、スバルを今はここまで敵視しているのか。

それはスバルの魔女の残り香だった。

 

その匂いは、墓所の中から出てきた途端に強くなったという。

つまりは、スバルがループをする度に強くなってしまうということ。

なるほど、ループをする度に難しくなるパターンですね。

 

さて、今回はここまで!コメントを残してもらえるとやる気が出ます!

続きも後ほど更新するので、お楽しみに!

とりあえず、「小説家になろう」で読んでしまうのが一番早いんですけどね!(笑)

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

One Response to “Reゼロか始める異世界生活(リゼロ)の続編2期のネタバレPart2”

  1. […] Reゼロか始める異世界生活(リゼロ)の続編2期のネタバレPart2 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here