ラブライバー大臣って誰?馳浩文科相が「ラブライブを東京五輪で」

ついに「ラブライバー大臣」が現る?!

大人気アイドルユニット「ラブライブ」のμ’sのファイナルライブも終了し、とりあえずのμ’sの活動は終止符を迎えました。

だが、ここに「ラブライバー大臣」と名乗る男が現れました!

さて今回の記事では「ラブライバー大臣」とは誰か?その「ラブライバー大臣」が放った「東京オリンピックでもラブライブをやりたいね」の発言のネット上での評価をご紹介していきたいと思います!

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

「ラブライバー大臣」って誰?

さて気になるのはこの「ラブライバー大臣」とは誰なのかですよね!

それは元プロレスラーであり自由民主党所属の衆議院議員の馳浩文科相でした!

無題

出典:http://mainichi.jp

政治家として活動している方なので、次にもし選挙があればラブライバーからも少しだけ表をいただくことができるかもしれませんね!笑

もしかしてこれが策略…?

けれど本家のラブライバーからは激しい反感を買っていました。

「ラブライバーからしたら何年も応援し続けてBDも買って死に物狂いでチケット死守して最後を見届けたもしくはチケット取れなかったのにコネで観た挙句それだけでラブライバー大臣名乗るのが気に入らないのはまあわかる」

ラブライバー大臣には今の所好感もていない」

ラブライバー大臣とか頭おかしいんちゃう??」

などの批判的な声も上がっていたのも事実です。

 

スポンサーリンク

 

東京オリンピックでもラブライバー?

さて馳浩文科相が自らのことを「ラブライバー大臣」と名乗ったのですが他にもこんなことも言い放っていました。

「東京五輪でラブライブをやりたいね!」

これはスクールアイドルという種目を取り入れるのか?開会式か閉会式に「ラブライブ!」という枠を取り入れるのか?

などなど疑問が浮かんでしまいます。

現実離れしていることかもしれませんが、日本の文化を海外の人々にも知ってもらうためには、良い手段なのかもしれません。

けれど「μ’s」としてはもうファイナルライブもやり終えているので、仮に東京オリンピックで「ラブライブ」を取り入れることになるとすれば「μ’s」ではなく「Aqours」が出てくることになりそうでうですね!

 

まさかのリアルにスクールアイドルの祭典が開催されるという可能性も微量ながらも秘めていたりして…?

まとめ

ラブライバー大臣は馳浩文科相

軽率な発言でラブライバーに叩かれる!

東京オリンピックでラブライブが出てくるかもしれない!

リアルスクールアイドルも実現するかも…?

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here