ポケモンGOで根上弘樹被告が有罪判決!罪と判決内容、顔画像と写真は?

2016年にリリースされ、世界的社会現象となったゲームアプリ『ポケモンGO』

『ポケモンGO』に関する事故のニュースが多くなり、規制が強くなったり、廃止を訴える声が多く聞こえるようになりました。

そして、今回『ポケモンGO』の事故で初めて有罪判決が下されました。

 

今回の記事では、ポケモンGOで有罪判決となった判決内容についてご紹介します。

さらに顔画像についてもご紹介していきますので、最後までどうぞご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

ポケモンGOで有罪判決!罪と判決内容

スマートフォンゲーム「ポケモンGO」をしながら運転中、女性(当時39)をはねて死亡させたとして、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)罪に問われた根上弘樹被告(48)の判決が17日、京都地裁であった。奥山雅哉裁判官は、ポケモンGOにからむ事故が多発していることを認識していたと指摘。「厳しい非難に値する」と述べ、禁錮1年6カ月執行猶予5年(求刑禁錮1年6カ月)を言い渡した。

判決によると、根上被告は2016年9月12日、京都府長岡京市の府道で、ポケモンGOを起動させながらクレーン車を運転。信号で停止した後に発進する際、前に止まっていたバイクに気づかずにはね、乗っていた女性を死亡させた。
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000028-asahi-soci

 

日本でのポケモンGOが原因で事故となった件数は正確に公表はされていませんが、間違いなく死亡事故はいくつかありました。

そして今回、『ポケモンGO』で初めてとなる有罪返血が下されました。

もしかしたら、ゲームアプリの事故で初めて有罪判決が下されたのでは?

脇見運転はダメ絶対!

 

今回の事故の原因としては、何度も言っているように『ポケモンGO』をプレイしていたことです。

『ポケモンGO』に限らず、運転中にスマホをいじること自体、罪です。

というか本来であれば咎められるのは『ポケモンGO』だけではないですよね。

 

詳しい原因としては、信号で停止した後に発信する時にポケモンGOをプレイし、根上弘樹被告が前方不注意でバイクに気づかずに、乗車していた女性をはねてしまいました。

以前にも『ポケモンGO』を原因とする事故は多数ありましたが、今回の有罪判決をきっかけに、どんどん罪を犯した人たちを裁いてほしいですね。

この有罪判決は捉え方によっては見せしめにもなりますので、他のプレイヤーも今後からは充分に意識してプレイすることが出来れば良いですね。

そもそも運転しながらのゲームは駄目ですけどね。

 

当ブログでは、『ポケモンGO』の相次ぐ事や問題などで、多くのコメントが寄せられていたので、よかったらご覧になって下さい。

ポケモンGOのマナーや問題点について。廃止や配信終了の可能性は?

 

思い切って廃止にしてほしいですね。

 

Sponsored Links

 

根上弘樹被告の顔画像は?

今のところは、根上弘樹被告の顔画像は報道されていません。

何故報道されていないのかは疑問ですね。

少年法が適応される年齢でもありませんし、報道規制がかかっているとも思えません。

 

根上弘樹被告について分かっていることは職業と年齢です。

職業:会社員

年齢:48歳

 

有罪判決となったので、今後顔画像なり写真なりが報道されるかもしれませんね。

 

 

改めて、根上弘樹被告の罪は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)禁錮1年6カ月執行猶予5年(求刑禁錮1年6カ月)の刑が下されました。

禁錮というのは、簡単に言えば外出することができないという意味です。

1年6ヶ月も外出できないと考えると恐ろしいですよね。

でも、それが今回根上弘樹被告が報いるべき罪なので、しっかりと判決を遵守して今後二度とこのような事故を起こさないようにしてほしいですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here