Pileを週刊文春でお持ち帰りしたのは秋気?ファンが調べたのは本当?

ラブライブで西木野真姫役を務めていたPileさんが週刊文春で衝撃的なニュースが報じられました。

それは、とあるバンドマンにお持ち帰りされたというもの。

お持ち帰りされたということでファンからの痛烈なコメントが多く寄せられているため、週刊文春の破壊力は抜群の模様です。

 

さて今回の記事では、Pileさんをお持ち帰りしたバンドマンについてご紹介します

最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

 Pileを週刊文春でお持ち帰りしたのは秋気?

今回の報道で、とあるツイートが目に止まりました。

それがこちら。

 

この寒いブリさんが、ツイッターでPileさんをお持ち帰りした人を特定?したみたいです。

これが本当かは、実際のところ定かではないのですが、たしかに顎のラインとは似ているところがありますよね。

74977248cca72f26c594504868a20dad

それに、バンドマンということも一致していますし、可能性は高そうです。

 

秋気って誰?

Pileさんをお持ち帰りした人物が完全に特定されたわけではないのですが、とりあえず、何かの縁なのでご紹介します。

 

バンド名:I Don’t Like mondays.

結成:2012年

メンバー:4人

秋気の担当:ドラム

本名:不明

年齢:28歳

バンドのリーダーを務めています。

 

趣味は多彩で、映画だったり音楽だったり、ダイビングだったり、哲学だったり、日本食だったり、ダンス鑑賞だったり。

日本食が好きって言う日本人ってそういないので、もしかしたら帰国子女だったり、ハーフだったり、もしかしたら外人っていう可能性もありますね。

 

調べたところ、東京出身鳥取育ちで、全然外国要素はありませんでした(笑)

私の勝手な早とちりでしたね。

今回の紹介で、興味を持ってくださった方がもしいましたら、是非彼らの曲を聞いてあげて下さいね!

別にこれは、売名行為とかではなく、たまたまPileさんのスキャンダルに不可抗力的に乗っかってしまっただけですので気にしないでください。

 

Pileさんの関連記事はこちら

Pileがバンドマンにお持ち帰り後のファンの反応。

Pileが週刊文春でお持ち帰りは本当?バンドマンって誰?写真は?

是非こちらもご覧になって下さいね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here