大垣花火大会の爆発事故の怪我人と被害状況は?花火師や火事は?

2017年7月29日に行われた岐阜県の『大垣花火大会』にて、大きな事故が発生しました。

打ち上げられた2尺玉が地上で爆発し、その火の粉が観客の近くまで降り注いだというもの。

 

今回の記事では、『大垣花火大会』の爆発事故での怪我人や被害状況についてご紹介します。

最後までご覧になって下さい。

 

スポンサーリンク

 

大垣花火大会の花火爆発事故の詳細。

 

 

こちらの動画ツイートを見ていただければ分かる通り、花火が地上で爆発してしまっています。

現場近くにいた人は無事なのでしょうか?

 

大垣花火大会の爆発事故の怪我人や被害状況。

Twitterでは、多くの『大垣花火大会』の爆発事故の動画が投稿されています。

その動画を投稿している人がいる場所付近では、初めこそパニックになってはいましたが、

カメラを横に向けても、光が写り込んでいないこともあるので、その場にいた人は怪我人はいないと判断できます。

 

それに、『大垣花火大会』は爆発事故後は一時中断がされていましたが、

数十分後には再開されたということもあり、ある程度『その場』は問題なかったということがわかります。

 

Sponsored Links

 

ですが、このようなツイートをしている人がいます。

以前、どこかの花火大会で同じ籐な事故が起こり、その前で見ていた観客がなくなったという事故。

こういった事例があるので、近場で見ていた方や、花火を打ち上げた人々の安否が非常に気になります。

 

今現在、亡くなった人や怪我人の情報は入ってきていません。

追記:怪我人はいなかったということで安心しました。

今後このようなことが起きないことを祈っています。

ですが、実際に打ち上げてみなければどうなるのかわからないので、

案外花火というのは博打要素もあるんだなと思ってしまいました。

 

 

被害状況に関しては、川岸の林に火の粉が燃え移り、火事になったという報告がありました。

 


消防車が動いて消化していますが、火の燃え上がりが激しければ、

消火活動に時間がかかってしまい、どんどん被害が広がっていく可能性もあります。

 

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

・『大垣花火大会』花火爆破事故の被害状況

怪我人はなしということで安心しました。

ということは一番近かったであろう花火師も無事だという可能性が高いです!」

 

・火事の消火活動

現在情報は入っていませんが、花火が再開したということで、

火は消し止められたのではないでしょうか?

 

今後は、このような自体が起こらないようにしてほしいですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here