ドラマ「お迎えデス」の評価やキャストは?タイトル変更の意味は?

2016年4月から白泉社の田中メカ先生原作の大人気少女コミック「お迎えです。」のドラマ化が決定しました。

メインキャストは、朝ドラで人気を爆発させた福士蒼汰さんと土屋太鳳さんに決定し早くも大変注目されている来期のドラマとなっています。

 

スポンサーリンク

 

~ドラマ「お迎えデス。」の評価は?~

news_xlarge_omukaedesu_0218_3

出典:http://natalie.mu

最近のドラマ業界は漫画の実写版を増やしてきて、ファンたちからの批評を激しく受けてきています。「イメージが壊れる」や「話が違過ぎてつまんない」など、原作ファンからの反感を買うことが多々あります。

それでは今回実写ドラマ化される「お迎えです。」も反感を買っているのでしょうか?

気になったので調べてみました!

 

「円がイケメンすぎるね。全然いいけど!」

「オリジナルストーリーあるのかよ。絶対つまらないだろ」

「二人ともハマり役すぎる!期待大!」

「懐かしい作品を実写化にしたね。名作だから変なことしないでほしいな」

「キャスティングは悪くないけど、やっぱりオリジナルストーリーが気になるね~」

「絶対見る!楽しみすぎ!」

 

いろいろネット上のコメントを探っては見ましたがやはり賛否両論と言ったところですね。

配役についてはあまり批評が見当たらなかったです。それなりにというか、絶大に人気のある二人なので当然と言えば当然ですね!

それにしても最近二人ともドラマや映画に引っ張りだこですね。

休む暇なんて無さそうで、大変ですね笑

 

オリジナルストーリーを加えることで話をぶち壊してしまうような結果にはなってほしくないですね。変に恋愛色をプラスしたり、かっこいいシーンを入れたつもりが、ただ寒いシーンになったりはしてほしくないです!

 

スポンサーリンク

 

~原作「お迎えです。」から「ドラマ「お迎えデス。」のタイトル変更の意味とは?~

皆さんはお気づきでしょうか?

原作のタイトルとドラマのタイトルが微妙に変わっているということを。「です」が「デス」になっているんですよ。

あまり深い意味はなく原作との差別化だったりて話はよく聞きますよね。基本的に古い作品のドラマ化やアニメ化の場合はタイトルを若干変えることが意外と多いんですよね。

「DEATH NOTE」がドラマで「デスノート」になったり、「おそ松くん」が「おそ松さん」になったりとか。

おそ松くんは年取ったから「おそ松さん」になったんですけどね笑

 

「DEATH NOTE」のタイトルを見て思ったのですが「お迎えデス。」の「デス」を「DEATH」に掛けているのではないでしょうか?

原作の「お迎えです。」のストーリーも霊的な内容になっているのでそういうことでしょうね!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here