沖縄県の中学生暴行がいじめじゃない理由は?そらの処分は退学?

2017年1月30日に投稿された、沖縄県の中学生による集団的ないじめ暴行動画。

この動画が炎上したのですが、学校側は『いじめ』だと断定することはしませんんでした。

なぜなのでしょうか?

 

今回の記事では、沖縄県の中学生ぼ膀胱がいじめじゃない理由についてご紹介していきます。

さらに主犯格である『そら』くんの今後の処分についてもご紹介していきますので、最後までどうぞご覧になって下さい。

 

スポンサーリンク

 

沖縄県の中学生の暴行いじめニュースの詳細

 


動画は掲載していませんが、今回の記事にたどり着いたということは、その動画は拝見しているはずです。

その動画をご覧になった人は分かると思いますが、いじめられている人は抵抗することも出来ずに、約2分間、暴行にあっていました。

これが、いじめじゃないと教育委員会は訴えているそうです。

何故なのでしょうか?

 

沖縄県の中学生の集団暴行がいじめじゃない理由

さて、何故今回のケースがいじめじゃないと教育委員会は判断したのでしょうか?

誰がどう見たって『いじめ』にしか見えないこの暴行を何故『いじめじゃない』と言えるのでしょうか?

プロレスごっこにしては、あまりにも一方的過ぎますし、暴行されている方は初めは抵抗しているようにも見えます。

そして最終的には抵抗ができなくなるぐらいまで痛めつけていますね。

 

それに周囲にいる人は、ケラケラと笑っています。

それは楽しいとか面白いとかとかそういう理由ではなく、暴行を受けている生徒に対して嘲笑っているような笑い方でした。

こんな非人道的な一方的な行いを、果たして『いじめじゃない』と判断する理由がどこにあるのでしょうか?

そもそも暴行行為自体を見逃してもいいのでしょうか?

 

いじめじゃないと判断したとしても、暴行は間違いなく動画として証拠が残っているんですから。

おそらくは、学校の体裁を守るために『いじめじゃない』としている風に思います。

同時期に起こった『150万円は奢ったのでいじめじゃない』とされたケースも学校側の体裁を守るためだと、私は思っています。

 

学校の責任者として属していない人から見れば、これらの行いは間違いなく『いじめ』です。

ただ、大人たちが裏で何やら構作しているため、『いじめ』を簡単に『いじめ』と判断することを許さないんです。

世間的な道徳とか倫理とかより、私利私欲あるい自身の体裁を守るために。

 

こういう考え方って、他者の気持ちを考えることはしないんですよね。

だからこのような『いじめじゃない』という結論を出してしまう。

被害者ではなく加害者が勝ってしまう。

正義ではなく悪が勝ってしまう。

現在って、こんな世の中なんですよね。

 

Sponsored Links

 

主犯格『そら』の処分は?

今回のいじめが『いじめじゃない』とされたことで、主犯格のそらくんは、厳重注意だけが処分として課されるはずです。

退学でもなく、停学でもなく、謹慎でもなく、ただの注意。

だって、『いじめじゃない』と結論づけされたわけですから、お咎めがあるはずもありません。

咎められたらそれは『いじめ』と判断されるべきことなんですから。

だからそらくんの処分は注意だけで済まされてしまうと思います。

散々、思うとおりに殴って蹴って、それで咎められない学校なんて無法地帯もいいとこですね。

 

ただ、あくまでも『いじめじゃない』と判断したのは教育委員会なので、学校側で退学や停学などの処分はあり得るかもしれません。

無法地帯としないために学校としては咎めてほしいものですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

One Response to “沖縄県の中学生暴行がいじめじゃない理由は?そらの処分は退学?”

  1. さち より:

    これは確実にいじめですよね!
    これがいじめじゃないとは、頭大丈夫ですか?と思います。
    では、どういうのがいじめだと言うのでしょうか??

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here