小田卓朗のコーチは誰?高校や大学と最高タイムは?

2016年2月12日にロシア・コロナムにて行われた「スピードスケート・世界距離別選手権」が開催されました。

そこに、現在大注目の若手スピードスケーターの小田卓朗さんが男子1500mに出場しました。

結果は、1分47秒68で惜しくも9位で、1位のデニス・ユスコフと3秒差つけられてしまいました。

けれど、今後活躍し期待できる若手選手です。

スポンサーリンク

 

さて、そんな小田卓朗さんのコーチ、出身校はどこなのでしょうか?

コーチ:2015年からナショナルチームのオランダ人コーチのもとで指導を受けています。オランダ人コーチの助言のおかげで「全日本距離別選手権」1500mで大会新記録の好成績を出すことも出来ていました。

今後の指導も頼れるコーチですね。

 

出身大学:早稲田大学に平成26年度に卒業しました。現在23歳でまだ卒業したての大注目とされる選手!

出身高校:山形中央高校。早稲田に入学する前には「全日本距離別選手権」で高校生にして優勝を果たしていました。

 

スポンサーリンク

 

男子1500mの最高タイムは、今大会でたたき出した1分47秒68でしょう。

オリンピックでの活躍に期待しましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here