西山和弥(東洋大)のシューズのメーカーやブランドはどこ?

皆さんこんにちは!

 

箱根駅伝が非常に盛り上がっていますね!

正月の風物詩です!

 

今回の記事では、1区でトップでタスキを渡した東洋大の「西山和弥」選手のシューズのブランドをご紹介していきたいと思います。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

箱根駅伝1区は西山和弥選手がトップで通過!!

4連覇をかけた青学ですが、箱根駅伝の1区は東洋大の西山和弥選手がトップでタスキを渡しました。

まあ、1区はスピードランナーが登場して、皆さん自慢のスピードを見せてくれるため、

最終的な優勝を決めるにはまだまだわからないですよね!

 

そんな「西山和弥」選手は、1区をトップで通過すると、ヤフートレンドキーワードでは、急上昇で1位を獲得していました。

それほど、箱根駅伝って影響力があるんですよね。

 

それがわかっている企業は、箱根駅伝を大いに活用します。

自社の製品を使った箱根ランナーが活躍することで、企業側からすれば、それは大いにPRすることができます。

実際、西山和弥さんが使用しているシューズに注目が集まっています。

 

今回の記事では、西山和弥さんのシューズをご紹介していきます。

 

西山和弥選手のシューズのブランドは?

青学は、ほぼ全ての選手がアディダスだそうです。

西山和弥選手は東洋大なのですが、この大学もほとんどの選手が同じメーカー/ブランドのシューズを使用しているそうです。

 東洋大学は、ヴェイパーフライ4%を取り入れたトレーニングによって、上位食い込みも「あり得るんじゃないかな?」というところまで来ている。ほかの強豪も力を伸ばしてきていますし、今年の箱根駅伝は、どこが勝つかわからないという面白さがありますよ。

引用:ヤフーニュース

詳しいことは下記のリンクからご覧になってくださいね。

箱根駅伝「薄底VS.厚底」靴の知られざる闘い

 

ニュースの内容からも分かる通り、西山和弥さんも同様に「ヴェイパーフライ4%」というナイキのシューズを使用しているそうです。

箱根駅伝で使用しているのか、もしくは練習のみで使用しているのかは紹介されていませんが、この「ヴェスパーフライ4%」のシューズを見つけましたので、紹介します。

 

 

 

 

「ヴェスパーフライ4%」というのはバスケットシューズらしいので、やはり練習用のシューズなのでしょうか?

ただ、東洋大は、厚底靴に代表される走り方を会得して、故障せずに長く速く走って勝つという方向に向かっているのかもしれないそうなので、やはり箱根駅伝でもこのシューズを履いていそうですね。

 

青学に勝利するために、どこの大学も試行錯誤しているようです!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here