年賀状はいつまでに出せば1日に届く?遅れたらいつ届く?2017年

年賀状というのは、普段あまり接することが出来ない人だったり、遠くに住んでいる知り合いの人たちとも気軽に交流をすることの出来るツールです。

ツールと言ってしまっては機械的なもののように感じるかもしれませんが、それでもこんな機会はなかなかあるものではないので、是非年賀状は出しておくべきでしょう。

けれど、

出すと言われても、一体いつに出せば1月1日の元旦に届かせることが出来るのでしょうか?

会社員の方達は年末休みにはいってバタバタ執筆することになる人が多いとは思いますが、それで本当に1月1日に届かせることがが果たして出来ているのでしょうか?

不安な方も多いと思いますので、今回は正月の年賀状について記事にさせていただきました。

 

・年賀状は何日(いつまで)にに出せば1日に届く?

・投函機嫌はいつまで?

・遅れたらいつ届くの?

 

についてご紹介させていただきますので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

年賀状を書いていく上での参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

年賀状は何日(いつまで)に出せば1日に届く?

201x_b2

 

最近では、若い世代の年賀状の投函が減少しているのが現状ですが、それも仕方がありません。

1月1日を迎えれば、個人的にだったり、グループでだったり、『LINE』を通じて新年の言葉を送る人が増えているからです。

近年は、デジダルに移行しているものも多く、便利で簡単になってしまっているためどこか味気ない印象を感じているのも否定できません。

 

年賀状ですらパソコンで作れてしまいますので、そのデジタルさが醸し出されているのも私は好ましく思いません。

やはり自分の手で書いた、自分の字で相手に送る、そんなアナログさが良かったんだなと今になって思えます。

 

さてそんな味気なくなってきた年賀状の作成については今回の記事では触れません。

それでは早速本題にはいっていこうと思います。

 

年賀状は何日(いつまで)に出せば1日に相手方に届かせることが出来るのでしょうか?

 

2017(平成29)年用年賀はがきの引受開始は12月15日(木)からになります。
年賀状は12月25日(日)までにお出しください。

引用:日本郵便HP

 

のように、今年の年賀状の引受け開始日は、

2016年12月15日からとなっています。

 

そして元旦に届かせるために投函機嫌は

2016年12月25日までとなっています

 

つまり、2016年12月15日~2016年12月25日までの計10日間以内に投函しなければ、1月1日の元旦に年賀状を届かせることが出来ないわけです。

ということは年末休みに年賀状をまとめて書いて出そうと考えていても、その年末休みが2016年12月26日以降だった場合は、元旦に届かせることは出来ないというわけです。

年賀状を書いたのなら、せっかくなら1月1日の元旦に届かせたいものですよね?

 

年末は仕事が忙しくて年賀状が書けないという人は辛いかとは思いますが、1月1日の元旦に届かせたいというのであれば、ちょっとした時間を利用して年賀状を書いてみて下さいね!

 

ただ、2016年12月25日以降の2016年12月26日~2016年12月28日までなら、郵便局の頑張り次第では元旦の日に年賀状を送ることも可能です。

それでも1月1日の元旦に届かせるための投函機嫌を過ぎてしまってから年賀状を出してしまって、それで元旦に届いていないじゃないか?!とクレームをつけるのだけはやめて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

投函期限に遅れた場合はいつ届くの?

日本郵便では2016年12月25日までに投函が叶わなかった場合でも可能な限り元旦に届かせることに全力を注いでくれています。

先ほども話した通り、2016年12月26日~2016年12月28日までの間ぐらいならば、遅れたとしても可能な限り元旦に届かせてくれるように手配することが出来ます。

 

遅れた場合、例え2016年12月26日~2016年12月28日までの間に出したとしても元旦に届かない理由は、

 

遠く離れた県の人たちに送る場合です。

 

具体的に言えば、

 

・隣接都道府県への年賀状:2016年12月27日の夕方集荷まで

・同一都道府県内への年賀状:2016年12月28日の午前中集荷まで

 

ということになります。

これに加えて、同一都道府県内であっても、近隣地区の場合はさらに余裕があり、

 

・引き受け郵便局と同じ地域の年賀状:2016年12月30日の午前中集荷まで

・引き受け郵便局と郵便番号上2桁が同じ地域への年賀状:12月29日の夕方集荷まで

 

ということになります。

ですが、これはあくまでも目安の範囲内なので、この期間中に投函しても1月1日の元旦に届かない場合だってあります。

それは、『可能な限り』だからです。

期限内に投函する事が出来ない人が多くいた場合、集荷が間に合わなくて元旦当日に届かせることができなくなるというのはあります。

その場合は、投函期限内に出すことができなかった方々が悪いので、郵便局にクレームを入れるのだけはやめましょう。

 

スポンサーリンク

 

では、同一都道府県でもなく隣接都道府県ではない、遠く離れた県の人たちに年賀状を送る時、それが投函期限内ではなかった場合は、2017年1月1日の元旦に届かせることは出来るのでしょうか?

答えは否。

投函期限を守らなかった場合、あまり遠くの県に元旦当日に年賀状を届かせるのは困難なことです。

そうなった場合は、諦めて1月2日以降に届かせるようにしましょう。

 

まとめ

1月1日の元旦に届かせるためには、

2016年12月15日~2016年12月25日までの間に投函しなければならない。

ただ、投函期限が過ぎてしまっても12月26日~12月28日の間なら、可能な限り元旦に届かせることは出来る。

 

・隣接都道府県への年賀状:2016年12月27日の夕方集荷まで

・同一都道府県内への年賀状:2016年12月28日の午前中集荷まで

・引き受け郵便局と同じ地域の年賀状:2016年12月30日の午前中集荷まで

・引き受け郵便局と郵便番号上2桁が同じ地域への年賀状:12月29日の夕方集荷まで

・あまりにも遠い場合は、投函期限が過ぎた場合、届かせることは出来ない

 

以上が、元旦までに届かせるための期日となっています。

 

この期限にも間に合わなくて、どうしても元旦に届かせたいと思うのなら、速達郵便を使うのも一つの手ですよ!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

良いお年を!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here