北九州モノレールで寝そべった中学生の遅延による損害賠償金と逮捕は?

2017年1月13日に北九州モノレールにて、中学生の一人が線路の上で寝そべっていたという動画が流出しました。

自主的に動画を投稿していたようですが、投稿していた中学生や線路に寝そべった中学生、周りにいた仲間を含めた4名は駅長室で厳重に注意されたようです。

 

今回の記事では、北九州モノレールで寝そべった中学生やとその仲間たちに損害賠償金が発生するかどうかについてご紹介します。

さらに、逮捕の可能性についてもご紹介していきますので、最後までゆっくりとご覧になって下さい。

 

スポンサーリンク

 

北九州モノレールで寝そべった中学生の遅延による損害賠償金は?

さて、今回北九州モノレールにて寝そべった中学生は警察や駅長さんに厳重な注意をされたようですが今後彼らはどうなるのでしょうか?

人身事故等によって発生する賠償金は支払われないと聞いたことがあるのですが(恐らく)、今回の一件は故意にこのような行動を取っていたという事で、賠償金が発生すると予想されます。

そもそもの話、線路内に入ることすら行けない行為だと分かっているのに、その行動を動画にて撮影して投稿しています。

このような行動がカッコイイとでも思っているのでしょうか?

こういうことをして女子が「キャーキャー」言ってくれるとでも思っているのでしょうか?

ちょっと悪ぶって見ましたでは済まされない問題です。

 

周囲に煙を撒き散らす行動も問題視されますが、自身の体に影響をおよぼすだけなので自己責任となりますが、

電車の恋による遅延行為は、数百人もの一般市民に影響を及ぼす問題となってしまいます。

 

こういった『中学生』が故意に電車を遅らせたという事例は殆ど無いので、賠償金が発生するのかどうかは分かりません。

ただ、影響が及んだのが数百人程度だとしも、それで発生する金額は莫大な金額になります。

故意ではない場合は1~10分程度なら賠償金は発生しないようですが、今回の場合は故意であるので、賠償金はやはり発生しそうです。

寝そべった中学生以外の周りでゲラゲラ笑っていた人も同様に賠償金が発生するかもしれません。

ここまでは予想なので、絶対ではないですが。

 

 

 

保護者にも迷惑をかけましたし、自身の人生もだいぶ棒に振ってしまったので、今後どう生活していくのかは真剣に考えてもらいたいものですね。

 

 

逮捕される可能性は?

『おでんツンツン男』は最近SNSに投稿し炎上した人の中では注目を集めたと思います。

そして今回炎上した寝そべった中学生と、その仲間たちは逮捕されるのでしょうか?

 

結論から言えば

逮捕はされません。

今回は警察もすぐに駆けつけたようですが、厳重注意だけですんだといいます。

やはり中学生ということが救いだったのかもしれませんね。

少年法で、実名と顔写真は報道されていませんが、その投稿した動画は絶対に誰かがコピーしているはずなので、半永久的に彼らの罪は情報の中に残り続けます。

所謂『バカッター』と呼ばれる人達の仲間入りということです。

 

今回の事が軽いことだったとは言いませんが、まだ中学生だったからということで見逃されているからといっても、今後の行動は謹んで欲しいですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here