モハメド・アリのパーキンソン病って何?原因や予防法は?

元世界級ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリさんがパーキンソン病を患いました。

パーキンソン病とは重症になると不幸に至らしめるほどの病気で、大変危険視されています。

 

さて今回の記事では、パーキンソン病について詳しくご紹介していきたいと思います。

さらに予防法や原因もご紹介していきますので最後までお付き合いください。

 

スポンサーリンク

 

パーキンソン病って何?

saya0I9A4248072172238_TP_V

パーキンソン病とは、簡単に言うと脳が体に送り出す主に「運動」の命令をうまく伝えることができなくなる病気のことです。

パーキンソン病は50代~60代の方々に主に発症される傾向にあり、日本人の役1000人に1人が患う可能性にあるといいます。

最近では、本当に珍しい病気ではなくなっているのです。

 

日本全体ではおよそ10万人の患者さんがいると推測されています。

 

パーキンソン病の主な症状としては4つ挙げられます。

 

・手足が震える

・筋肉がこわばる

・動きが遅くなる

バランスがとりづらくなる

 

これだけで、だいぶ日常生活を困難にさせてしまいます。

その他にも、「便秘になる」「トイレが近い」「なかなか眠れない)「気分が落ち込む」

などといった症状も見られるようになります。

 

さて次に原因と予防法について解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

パーキンソン病の原因と、その予防法とは?

パーキンソン病の原因

まずはパーキンソン病の原因について解説していきたいと思います。

パーキンソン病が発症する原因としては、脳内のドーパミンという物質が不足すると発症されると言われています。

 

細胞の減少が起こっている事によってドーパミンが十分な量が作られなくなると、神経同士の連絡に不具合を生じる事でパーキンソン症状を起こすと考えられています。

出典:http://neurosurgery.med.u-tokai.ac.jp

 

何故、細胞が減少するのかは未だ解明されていません。

もしかしたら、年を老う事に細胞分裂の回数も減少するのと何か関係があるのかもしれません。

 

正常のドーパミン量の20%を下回ると発症してしまいます。

 

パーキンソン病の予防法

予防法の前に治療の話になりますが、もしパーキンソン病に発症した場合は不足するドーパミンの補充や分泌促進のためのおクスリを服用します。

これは当然のことですよね。

 

次に他サイトでも紹介されていることをまとめた予防法について解説していきます。

 

しっかりと運動をすること。

軽い運動ではあまり効果は得られませんので、少々体に負荷のかかるものがオススメです。

軽い散歩とかではなく、ジョギングをしてみたりとか。

何かしらのスポーツに手を出してみると良いでしょう。(水泳やテニスなど)

 

コーヒーを飲む

今まではカフェインを摂取するのは避けたほうが良いと言われてきたようですが、最近ではコーヒーが予防に効果があると言われています。

明らかに量が多かったり、濃度が濃かったりするものはNGですが、家で簡単に作れるタイプのコーヒーなら大丈夫とされています。

そして1日に2=3敗くらいが適量です。

 

楽しいことを考える

何故楽しいことを考えるのか?

それはドーパミンという物質が、幸福感や会館によって生成されるものだからです。

なんとも神秘的な物質というか、不思議なものですよね。

 

ですが無理やり「これは楽しいことなんだ」「僕は幸せのはずだ」といった無理な思い込みでは効果は得られません。

そこには確かに負担を感じているからです。

 

ですので本当に楽しい時にはいっぱい笑ってください!

自身の趣味に没頭するのでも構いません。

趣味に没頭しているときは、必ず快感が生じているはずです。

でなければ趣味ではありません。

 

楽しいことを見聞きして、そして笑う。

そういったアタリマエのことがパーキンソン病の予防に繋がっていくのです!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here