宮迫博之の不倫でアメトークが放送終了で行列は?CM降板の違約金は?

皆さんこんにちは!

昨年、ベッキーさんがゲス不倫をしたということで非常に注目を集めていました。

そして今年もビッグな人が不倫疑惑をかけられてしまい話題を集めています。

その方というのも、『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんです。

 

今回の記事では、宮迫博之さんの不倫で出演番組の降板の可能性についてご紹介していきます。

アメトークが放送中止、もしくは放送休止もしくは放送終了となってしまうのか?

行列のできる法律相談所を降板してしまうのか?

さらには違約金発生の可能性についてもご紹介していきますので、最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

宮迫博之さんが不倫で大ピンチ!

宮迫博之さんはベッキーさんの不倫当時から、ベッキーさんの不倫について擁護する姿が度々見受けられていました。

その言葉も、今思えば、この時の伏線だったのかなと、予防線だったのかなと思われてしまっても、何らおかしくはありませんよね。

ベッキーさんというビッグネームが昨年不倫してしまいましたが、今年は宮迫博之さんというビッグネームの不倫。

もう本当に、不倫ブームはいつまで続くのでしょうか?

 

このままいけば宮迫博之さんはベッキーさんと同じように芸能活動休止にまで追いやられてしまう可能性があります。

これをどう乗り切っていくのか、今後の展開に注目ですね。

 

宮迫博之さんのアメトークは放送終了?行列降板?

さてさて、業界内NO1の人気番組『アメトーク』ですが、これを機に放送が終了してしまうのでしょうか?

その他にも『行列のできる法律相談所』や『何だこれ?!』など多くの司会を勤めていますが、それらも降板してしまうのでしょうか?

 

ベッキーさんの場合、MCも含めて全ての番組が降板させられていましたね。

2017年8月現在においても、ラジオ番組でしか復活していないとか。

度々テレビ出演をする機会があるのですが、そのたびにSNSでは叩かれたりしているため、もう完全復帰することは出来ないかもしれませんね。

 

ベッキーさんという事例もあるため、宮迫博之さんが本当に不倫をしていた場合、

『アメトーク』『行列のできる法律相談所』『何だこれ?!』などの番組を降板する可能性が非常に高くなります。

『行列のできる法律相談所』は週替りでMCが変わるので放送終了することはないのですが、

『アメトーク』や『何だこれ?!』などはメインMCということもありますし、蛍原さん一人で回すのは恐らく難しいため、

放送終了もしくは放送休止となる可能性があります。

 

業界内NO1番組とも歌っているため、テレビ局としてはかなりの痛手ですね。

 

スポンサーリンク

 

宮迫博之さんのCM降板

芸能人は自分のイメージが大事になってくるため、そのイメージに合ったCMがオファーされることが多いらしいです。

そのため、そのイメージを害するようなことがあれば、即刻契約の破棄が成されてしまい、違約金が発生します。

 

ベッキーさんの場合、CM約10本の契約終了で、

違約金が4億円以上にもなったという噂があります。

4億って、一般的なサラリーマンの生涯年収4人分ですよ。

普通であれば支払うことが難しいですし、芸能人のような普通ではない方たちでも、

その金額を支払うのは非常に難しいかと思います。

 

ハウス食品 さわやか吐息

アサヒ飲料 新若武者《ペットボトル緑茶》

スカルプD

ミスタードーナツ

 

のCMに出演しています。(他にもあれば教えていただければと思います)

CM女王であったベッキーさんよりかは、ギャラは高くはないと思いますので、

仮に1本1000万円だとすれば、倍額の2000万円×4本=8000万円の支払いをすることになるのでしょう。

 

ただ、宮迫博之さんの年収は3億円あると言われているので、

そのぐらいの額であればポンと出せるのでしょうね。

羨ましい!

 

ただ、違約金を払えばソレでいいのかと言われれば違います。

芸能人は『イメージ』が大事です。

そして一度崩れたイメージは2度と取り返すことは出来ません。

ベッキーさんが、そうなってしまったように、宮迫博之さんがそうなる可能性は無くな無いのですから。

 

まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

・アメトークは放送終了?

可能性としては放送休止かなと思っています。

蛍原さん一人では何かと大変でしょうしね。

 

CMの違約金は?

恐らく1億円程度と予想されます。

 

宮迫博之さんのことは、結構好きでしたし、アメトークも好きなので、

この不倫疑惑が疑惑だけで終わってほしいですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here