メッシの代表引退の理由は?海外の反応と現地の反応も紹介

2016年6月27日にアルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが代表を引退することを表明し、ファンを驚かせました。

今回の記事では、メッシの代表引退の理由をご紹介していこうと思います。

さらに現地の反応と海外の反応もご用意しましたので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

メッシの代表引退の理由は?

 

1

 

アルゼンチン代表であるメッシが代表を引退するということで世間を賑わせていますが、

では何故、メッシはアルゼンチン代表から引退を決意したのでしょうか?

 

今までもメッシの引退は噂されてきましたが、今回メッシ自身のコメントということで、噂が確信にへとなりました。

前から考えていたのだがもう決めたこと。今回が4回目の大会決勝でどれにも勝つことができなかった。自分としてはできる限りのことをしてきただけに誰よりも心が痛む。誰よりも代表でのタイトルを望んでいたけど、残念ながらそれはもたらされなかった

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

 

実際に代表引退するにしろしないにしろ「年齢の問題」や「限界を感じる」、「後進への機会提供」という理由からでなく、純粋に「勝たせられなかった」ことが、引退を示唆する理由になっているらしいのです。

サッカーの代表というのはそれくらいのプレッシャーがかかるのですね。

いえ、それくらいのプレッシャーをメッシ自信が背負っているようにも見えます。

 

PKを外してしまったことが代表引退の大きな理由だと思っている人がいますが、メッシは何度もコメントの中で「4度の決勝で敗れたこと」について語っていて、

「こんなにトライしたのにダメだった、しかも今日はPKを外してしまって…」という意味のコメントとしてPKを外したことに触れているので、PKを外してしまったことが大きな理由ではありません。

PKを外したことにもメッシは責任を感じていますが、やはり4度決勝に行って、

それでもチームを勝たせてあげることが出来なかったことが代表引退の理由としてコメントしています。

 

それに客観的に見てアルゼンチンが試合に負ける度に、メッシが矢面に立って批判を浴びているのがよく分かります。

一生懸命プレーしているのに、優勝以外は評価してくれずにメッシが罵倒される。

そのため大きなプレッシャーを抱えてプレーし、それが重荷となって満足なプレーが出来ずにいるように見えました。

 

今回アルゼンチンにとってはメッシの代表引退はかなりの痛手となるとは思います。

だからといって、他の有望株の選手1人だけにプッれシャーをかけることだけはしないで欲しいですね。

 

スポンサーリンク

 

海外の反応と現地の反応

メッシの代表引退を受け海外と現地の反応をご紹介します。

 

<アメリカ>
・ウソでしょ…

<ポルトガル>
・そんな馬鹿な

<ペルー>
・時代の終焉だ、現実とは思えない

<メキシコ>
・彼は責められないよ、彼が受けていたプレッシャーは体にはよくない

<アルゼンチン>
・オッケー、うちは絶望的だわ

出典:http://toresoku1.com

 

国によって様々な反応となっていますが、メキシコが良い反応を見せていますね。

ですが、基本的には現実を受け止めきれずに絶望していますね。

当たり前ですが、特にアルゼンチンが絶望を感じていそうですね。

 

やはり海外のサポーターは信じられないといったコメントに溢れています。

 

さらにメッシ以外にもマスチェラーノをはじめとする他の選手も代表引退に示唆しているようです。

アルゼンチン代表が今後どうなっていくのか心配ですが、メッシには「お疲れ様でした!」と讃えたいですね!

 

まとめ

メッシの代表引退の理由としては4度決勝に行って「チームを勝たせることが出来なかった」ことにある。

少なくとも最後のPKを外したことだけに責任を感じて引退するほどメッシの責任感は小さいものではない。

海外と現地の反応としては、現実を受け止める事ができていない印象でした。

 

改めて、メッシ選手には「お疲れ様でした!」と声をかけたいですね!

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here