政宗くんのリベンジの2期の放送はいつ?原作ストックや円盤売上は?

政宗くんのリベンジは同名の漫画原作を元に深夜アニメです。

幼少期に、ヒロイン・安達垣愛姫により受けた手酷い仕打ちに対する復讐のため、主人公・真壁政宗が、愛姫を自分に惚れさせた後に捨ててやると暗い野望を燃す作品となっています。

作品のテーマとは裏腹に、軽いラブコメに仕上がっているため、ラブコメ好きのアニメファンなら誰もが楽しめる作品と言えます。

この記事では、そんな政宗くんのリベンジのアニメ続編の可能性に関して、考察したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

○考察前のおさらい…政宗くんのリベンジってどんな話だったっけ?

上記でも述べているように、作品のテーマは、主人公である真壁政宗の復讐物語です。

幼少期に肥満児だった政宗は、ある日、片思いだった安達垣愛姫に告白するも、手酷く振られるという体験をします。

お互い子供同士なうえ、愛姫は大金持ちのお嬢様でしたから、つい高飛車すぎる行動を取ってしまったんでしょうね。

その衝撃的な事件を機に街を離れた政宗は、祖父の元で修行に励み、容姿や知能、運動能力共にハイレベルな男子高校生に成長し、故郷に戻って来て愛姫への復讐を開始するというストーリーとなります。

愛姫にはお付きのメイド兼同級生として小岩井吉乃がいますが、日頃から愛姫にこき使われていることを恨んでいる吉乃は、政宗の正体を知ると、影の協力者として暗躍することになります。

何度も言いますが、作品の内容自体は、軽いノリのラブコメですし、サービスシーンもてんこ盛りなため、ハーレム系アニメが好きな方なら、誰でも楽しめるポップな作品に仕上がっています。

また、愛姫や吉乃以外の美少女キャラも出て来るため、純粋なハーレムアニメとしての出来も良いと言える作品です。

 

○政宗くんのリベンジ2期考察その1…原作ストックはどうなの?

漫画原作アニメの気になる点と言うと、まず原作ストックです。

いくら人気を博しても、原作ストックの都合上、中々続編が始まらないアニメなどもあります。

では、政宗くんのリベンジに関してはどうなのかと調べてみると、2017年2月3日現在までに、8册の単行本が発売されています。

アニメでは、第3話の時点で単行本2巻目のエピソードに突入していますから、原作の消化ペースはかなり早いと言えます。

また、アニメOPに雅宗兼次という政宗のライバル的なキャラが登場しているため、彼が登場する原作第5巻までは1期で消化するということ確定していると言えるでしょう。

単行本のリリースペースが年2册弱程度なことを考えると、2期への原作ストックは、十分ではないと言えます。

 

スポンサーリンク

 

○政宗くんのリベンジ2期考察その2…販促効果やアニメ人気はどうなのか?

漫画やライトノベル原作のアニメの場合は、原作の販促目的のアニメ化なため、原作が売れないアニメは失敗作となります。

では、政宗くんのリベンジはどうなのかと調べた場合、ツイッターの方で出版社が増刷のアナウンスをしているツィートを発見出来ます。

アニメ化での販促効果は大きかったようで、全国各地の書店で品薄状態が続いていたようです。

では、アニメ自体の人気はどうなのでしょうか?

アニメの人気を計る指標として、BD/DVDなどの通称円盤と言われるパッケージ版の売上があります。

2017年2月3日時点では、当然ながらアニメの円盤は発売前なのですが、インターネット時代の便利なところに、売上予測サイトなどの存在が挙げられます。

Amazonの予約数などの推移から、かなり高精度の売上予測を叩き出すそのサイトのデータでは、アニメ・政宗くんのリベンジ第1巻の売上は、1000~1500枚程度になるのではないかという予測が立てられています。

アニメ続編のハードルは、一般的に円盤売上の平均が5000枚以上と言われていますから、この水準をかなり下回りそうだという予測になります。

 

○以上を踏まえた政宗くんのリベンジ2期の可能性

原作の販促効果は大きかったため、アニメ化自体は成功したと言える状況だと思います。

しかし、アニメの続編に関しては、可能性が非常に低いと言えます。

良質のハーレムアニメですが、原作の出来も良いため、そちらを購入して満足してしまった視聴者が多かったのかもしれません。

もちろん、記事を執筆している2017年2月3日時点で、アニメは3分の1を消化した程度なので、これからの展開次第でアニメ円盤の予約数が上がる可能性もあります。
取り敢えずは、アニメを最後まで楽しみましょう!

 

○まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

簡単にまとめさせていただきますと、政宗くんのリベンジのアニメ続編の可能性に関しては、現状では難しいという結論になります。

ただし、良質なハーレムアニメなため、視聴者のみなさんは、最後まで作品を楽しみましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here