LINEで告白をするタイミングと時間帯は?成功率が高いのはいつ?

近年では『LINEで告白』という方法が増加の傾向を見せてきていますが、その実績はいかほどなのだろうか?

以前までは、「LINEで告白なんて邪道だ」「文章だけじゃ思いは伝わらない」「直接しなきゃ男じゃねえ!」などなど、LINEでの告白に否定的な声が多かったのですが、

最近になってからは若者の考え方も変わってきたのだろうか、LINEでの告白に肯定どころか、実際にLINEで告白する人が急増してきました。

 

なので、今回の記事では、成功率の高くなるLINEでの告白の時間帯やタイミングについてご紹介したいと思います。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

LINE告白の事例。

kawamura20160818403614_tp_v

とりあえず、私がLINEで告白された時のことについてご紹介します。

彼女からしたら成功例では無いのですが、事例として参考にされてください。

高校3年生の夏頃。

私は帰宅部だったのですが、バスケ部に所属していた女の子(Aちゃん)が引退した直後に、私にLINEを送ってきました。

正確に言えば、私は女友達から「Aちゃんに管理人のLINE上げても良い?」という連絡が来たから「いいよ」と1つ返事で了承して、その後に直ぐそのAちゃんから連絡が来ました。

その時、私は勝手ながら「あ、Aちゃんは俺のことが好きなんだな」と自信過剰に、自意識過剰に、ナルシスト的にそう判断しました。

 

飛躍しすぎた考えでしたが、実際は「ちょっと行為のある人」だったと今では思っています。

3ヶ月ほどLINEで連絡を交わしていく内に、どんどん私の虜になったのでしょう。

いえ、冗談抜きで(笑)。

 

そして、3ヶ月のLINEの交友でAちゃんも痺れを切らしたのか

「このままだらだらと続けていくのもあれなので。私は管理人の事が好きです。良かったらお付き合いしてください」

的な文面で私は高校に入って1度目、人生3度目の告白をされました。

生憎、僕はAちゃんを受け入れることは出来ませんでした。

 

だけど、恐らくですがAちゃんは最初からこの告白が成功するとは思っていなかったかもしれません。

ただ、結果が欲しくて、Aちゃんに対する私の気持ちを知りたくて、告白してきたんだなと思います。

その気持を無下にしてしまった私は、今でも凄く反省していますし、後悔もしています。

 

結果、私はLINEでの成功率の平均落としとなってしまったわけですね。

 

とりあえず、私の事例は終了です。

まったく参考にはなりませんでしたね。

ですが、相手から送ってくるLINEの告白は『成功率云々は関係なく送っている』というのが基本です。

送られてきた場合、あなたはどう思うのか。

あなたがその人の運命の人になるのか?

あなたの運命の人をその人にするのか?

結論はアナタ次第ですよ?

 

スポンサーリンク

 

LINE告白の成功例。

yuka160322010i9a4289_tp_v

次に、私の友達がLINEで告白して成功した事例をご紹介します。

男性から女性へです。

 

彼をBくん。

彼女をCちゃんとしましょう。

 

Bくんは運動会の団長となり、クラスでは一際目立つ存在でした。

所謂、『運動会マジック』

運動会で活躍するとカッコよく見えてしまう現象ですね。

その現象のお陰で、Bくんは7月頃、CちゃんからLINEが送られてきました。

それは球技大会終了日にです。

「おつかれ~」から始まり、仲睦まじい会話が繰り広げられて(Bくんから聞いた)、最後にBくんが「またいつでもLINEしてね。それじゃおやすみ」と紳士的に送りました。

 

その時のBくんの心境は、「クラス1可愛い女の子からLINEが来て嬉しかった」だそうです。

これは、そのLINEが送られてきた次の日に聞かされました。

それからというもの、彼らは毎日LINEを交わすようになり、BくんはCちゃんの話を良くするようになりました。

もう惚れちゃいましたね。男ってチョロい(笑)

 

LINEの内容は、その日の出来事や、互いの趣味についてなどなど、それは楽しそうに語っていました。

BくんのCちゃんとのトーク画面は、運動会の時に2ショットで取った写真になっていたのを見て、にやけました。

 

だけどトークしているだけで、2人はデートするどころか学校で話していたことがありません。

それでも、Bくんは意を決したのか、LINEをしてから2ヶ月後の夏休み明けにCちゃんにLINEで告白しました。

私は事ある事に、「直接告白しろよ?」と言っていたのですが、勇気が無くLINEで告白をしていました。

文面は見せてもらっていないのですが、口頭で聞いたところ、

 

「今いいかな?」

「うん」

「俺、Cちゃんと話してると楽しい」

「うん」

「それにCちゃんの〇〇なところとか好きなんだ。etc」

「うん」

「Cちゃんのことが好きです。付き合ってください」

「うん」

 

スポンサーリンク

 

みたいなことが繰り広げられていたそうです。若干妄想が入っていますが、それでも成功したことは間違いないです。

今回の成功例には異質さがあります。

それはCちゃんからアタックして、Bくんが告白する。

名前を付けるとすれば「男ってなんてチョロいんだ」

女の子からアタックされると、直ぐに心を揺さぶられて好きになってしまう。

 

まあ、結局交際して3ヶ月もしない内に、「前付き合ってた人が忘れられない」と言われてBくんはフラレましたが。。。

クリスマスプレゼントを一緒に悩んであげていた分、私も少しショックでしたね。

私の事例と、Bくんの成功例の違いを上げるとすれば1つ。

ここまでの話では触れてこなかった、『LINEの頻度』です。

 

私とAちゃんは『寝落ちパターン』

つまりは「おやすみ」を言わないで、次の日にLINEを返す。無限ループですね。

 

BくんとCちゃんは『リセットパターン』

つまりは、「おやすみ」を言って、どちらかが「おはよう」もしくは「こんにちは」あるいは「こんばんは」を言ってLINEが始まる。

たまに2日空いたり、3日空いたりもする。

 

個人的に好きなのは、『リセットパターン』ですね。

 

これらもLINEでの告白での成功率に左右してくるので、覚えておきましょう。

永遠と続けていくのが嬉しいのか、区切りを付けて終わらすのが嬉しいのか、その点はきっちりと相手の気持ちを尊重して判断しましょう。

 

スポンサーリンク

 

LINEでの告白のタイミングと時間帯

さて、それでは本題に入っていこうと思います。

そもそもの話、LINEで告白するタイミングと時間帯は、今までのLINEでのやりとりを加味して考えていかなければいけません。

LINEでのやり取りがまったくないのに、いきなりLINEで告白した場合、失敗する確率のほうが高いです。

何故かと言うと、『いたずら』だと思われる可能性があるからです。

罰ゲームやらなんやらで告白をする対象にされていると勘ぐり、それでフッてしまうという事例も今まで目にしてきました。

悲惨ですね(笑)

 

そのうち告白するぞっていう流れをあらかじめ作っておかなければいけないんです。

 

とりあえず、成功例から見ても2ヶ月以上はLINEでやりとりを続けたほうが懸命でしょう。

そこからLINEでの告白の基盤を作っていきます。

ですが、最初から「LINEで告白するぞ!」と息巻くよりは、「勇気が出なかったらLINEで告白しよう…」というモチベーションで挑んでください。

間違いなく、直接告白したほうが思いは伝わるので。

 

基盤の作り方ですが、それは『相手に意識してもらうこと』

長いことLINEが続いているようなら、少なくともあなたに悪いイメージは持っていないと考えられるので、ここから一気に「好きかもしれない」と思わせるように、積極的にアピールしましょう。

「可愛くなったよね/かっこよくなったよね」

「やっぱり髪型変わったよね」

などなど。

まあ明らかにあからさまだと逆に引かれてしまうので、その辺の線引は相手に合わせて行っていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

タイミング

着々と、相手に「もしかしたら俺(私)のことが好きなのかな?」と思わせることが出来たら、もう告白しましょう。

そう思わせることが出来た時点で、相手はあなたと付き合った場合の事を何度か想像しています。

なので、あなたが告白したら、どう返答するかはある程度考えているのです。

あなたの発言で結果の変動は多少はありますが、それでもざっくりとは答えは出ています。

これは私もそうでしたし、私の周りの人も案外そうだったので、あながち間違いではないです。

 

なので告白しちゃいましょう!

 

今が好機です!

 

ですが、ざっくりとしたタイミングは今ぐらいですが、それでも時間的タイミングや、相手の精神的タイミングも考慮していきましょう。

精神的タイミングは、気持ちがナイーブになっていない頃。

悩みを抱えていない頃。

苛立ちを覚えていない頃。

つまりは、冷静に物事を考える事が出来ているときです。

あなたがLINEを送ってもいつもと違い、そっけなかったり、反応が悪かったり、返信が遅すぎたりしている時は、まだ告白するタイミングではありません。

それを見極めることが出来れば、それこそチャンスですよ!

 

スポンサーリンク

 

時間帯

精神的タイミングが整ってきた場合、後は時間帯を気にしていきましょう。

時間帯と言っても、まずは『季節』

これは、一概にどの季節が良いのかというのは断定することは難しいのですが、よく言われているのは『秋』です。

秋頃になると、クリスマスのことだったり、年末年始のことだったりを考え始める頃なので、彼氏彼女がいない人は

「今年のクリスマスも一人か~。リア充爆発しろ」

「年末年始は、また家族と過ごすのか…。リア充爆発しろ」

と感じてしまう人が多いので、タイミング的には『秋』頃、恐らく11月ころが、最高のタイミングだと考えています。

 

恋人最大のビッグイベント『クリスマス』をともに過ごせるか過ごせないかはアナタ次第ですよ?

 

11月頃に告白をするのが、季節的タイミングです。

だけど一番大事なのは、時間的タイミングです。

 

深夜~早朝にLINEで告白するのは論外です。

そして昼間もNG。

 

ならばどの時間帯が最適解かというと

いろいろ一段落が着いた、20時から21時頃が、最適なタイミングです。

絶対とは言えませんが、ある程度はこの時間帯には余裕があります。

今までのLINEのやり取りで、この時間帯は忙しいと分かっている場合は、別の時間帯で。

 

何が言いたいか。

それは、相手の時間帯に合わせた告白です。

よく言われているのは、20時から21時頃が最適なタイミングですが、この時間帯が忙しい人だって確かにいます。

飲食店で働いている人だったり、残業で夜が遅い人だったり。

相手の都合を考えた告白でないと、かえって迷惑になります。

「そのぐらいの配慮は出来ないのか?」

と、幻滅されてしまう可能性だってあります。

 

そうならないためにも、相手の暇な時間帯をある程度は知っておくようにしましょう。

これも、告白するための基盤づくりとしては必須項目なので覚えておきましょう。

とりあえずは、仕事前、学校前に告白することだけは避けましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

それでは、今回の記事の総まとめをしていきましょう。

 

・『寝落ちパターン』と『挨拶パターン』のどちらが相手にとって嬉しいのか考える。

(付き合っていない場合は『寝落ちパターン』が迷惑になることが多いです。)

 

・「俺(私)のことが好きなのかな?」と意識させる。意識させることが出来たら好機!

 

・相手が冷静さを欠いている時は、告白のタイミングではない。

 

・季節は『秋』。時間帯は20時から21時の間がベスト!

(その時間帯が忙しければ、探れ!休日などが良きタイミングの可能性あり)

 

これらを意識することが出来れば、多少はLINEでの告白の成功率も上がってきますので、是非心がけていきましょう!

 

それではあなたに1つ、名言を残して去るとしましょう。

「その人が君の運命の人となるように、君がその人の運命の人になってあげるんだ」

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here