クズの本懐の主人公は安良岡花火?粟屋麦との今後は?

2017年1月期より放送がスタートしたアニメ『クズの本懐』

今回は、満たされない妹キャラ、安良岡 花火について取り上げていこうと思います。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

Sponsored Links

 

 花火の生い立ち

花火は、母子家庭育ちです。

どうも、花火のお母さんは不倫していたもしくは不倫されていたようで、花火の出産をきっかけに相手と別れてしまいました。

花火は、幼少のころからこのことでかなり、苦しんできたようです。

その中で、近所のお兄さん鐘井くんと出会います。

後の鐘井先生です。自分を唯一許容してくれるお兄さんに花火はのめりこんでいくのです(泣)。

ちなみに、運動会のときに靴にケチをつけてきた子が、鴎端さんのようです。

このころから少し仲悪かったんですね。

 

恋を通じて変わっていく花火

そんな、屈折した環境で、花火はすくすく育ち、完全にちょっとすれた子になってしまいました。

最初のころはただ純粋に近所のお兄さん、鐘井にあこがれる日々。

そんなある日、皆川先生がお兄さんをかっさらうところから話はスタートです。

自尊心も自信も失い、さまよう花火。似たような境遇の麦と慰めあう関係となります。

もちろんまったく満たされることなく、ただだらだらした関係が続くだけ。

そこに、皆川先生がその正体を明らかに。花火は圧倒的な敗北感に苦しむことになります。

 

Sponsored Links

 

麦との関係を続けながら、花火は皆川のセフレ寺田に近づいていきます。

寺田が喜びそうなファクターを示すことで、うまく接近することに成功します。

同時に自分の流されやすさに気が付いていく花火。それでも、満たされなさに苦しむ花火は、早苗の熱い欲求にこたえることで、自分の承認欲求や自尊心を満たしてしまおうとする花火。

自分の弱さと身勝手さに苦しむ花火の姿は、なかなか感慨深いです。

このあたりの、やりとりがクズの本懐の魅力の一つですね!!!

ついに、麦や早苗との関係を清算し、鴎端かもとすれちがうことで、自分の価値を自分で認める自立の道を歩みだすことになりました。

ついに決心して、花火は鐘井先生に告白。

見事にふられて、彼女は涙しつつも新しい道を歩みだすのでした。

彼女は今後どうなっていくのでしょうか?

最終巻が本当に楽しみですね。

 

あれ?主人公って花火でしたよね??

そして、この危なっかしい主人公、このあとしばらく出番なしです。

その後は、鐘井先生が皆川先生に告白・プロポーズします。

その傍らで、花火と一緒に皆川先生に思いを伝えて玉砕する。

もう二度と虜にはならないと誓った麦でしたが、あっさりその虜に。

ちんたら関係が続く様子が描写されます。花火が気になるのにほとんど出てこない。

話の主軸がいきなり、皆川―鐘井、皆川―そのほかの男(特に麦)へと移っていくので、完全に主人公ロスト状態(泣)。

最終話までに主人公が活躍するシーンを再びみることがあるのだろうか?気になります。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here