熊本城は熊本地震の影響でGWは観光できない?震度や震源地は?

2016年4月14日に熊本県で大きな地震が観測されました。

5年前に訪れた東日本大震災の時のように津波の危険はなかったこともあり、不幸中の幸いでした。

被害は熊本県の観光名所「熊本城」にまで渡り、日本中を恐怖や不安で包まれていました。

 

さて今回の記事では、熊本城の地震の影響や2016年GWの観光できるのかをご紹介していきたいと思います。

さらに、熊本地震の震度や震源地などもご紹介していきたいと思います。

歴史的な大地震となりましたが、あまり悲観的にならず、けれど楽観的にもならずに2016年を過ごしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

熊本城の熊本地震での影響は?

東日本大震災とほぼ同レベルの震度(震度7)が熊本県で観測され、観光名所となる「熊本城」にまでも多大な被害が及びました。

屋根の瓦が崩れ散乱し、石垣も崩れ、熊本城の象徴とされる「しゃちほこ」の姿もどこかに消えてしまいました。

無題

出典:http://www.huffingtonpost.jp

熊本城天守閣へ向かう門の前は崩れた石垣で道が塞がっているといいます。

熊本城の被害は想像を絶するほど深刻な状態だといえます。

 

熊本城の観光は出来るの?

GWや夏休みのシーズンが近々迫ってきていますが、さて熊本城は観光が出来るのでしょうか?

結論から言ってしまえば

熊本城天守閣の観光はできません!

現在立入禁止とされていたり、復興にも相当な時間を要します。

5年前の東日本大震災でもまだ完全な復興にまで至っていない状況だというのに、熊本県がすぐに復興できるとは考えられません。

津波の被害はなかったものの、地震だけでも相当な被害でした。

 

ですので、観光するということは考えずに、私たちは熊本地震の被害にあった熊本県や大分県への支援金を援助したり、復興活動が少しでも円滑に進むように、小さなことでも出来ることはやっておくようにしましょう!

等しく、地震の被害というのは訪れる危険性が私たちにはありますので、互いに助け合うという気持ちだけは忘れないでいてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

熊本地震の震度や震源地は?

熊本地震の震源地は熊本県熊本地方で観測されたマグニチュードは6.5で震度は7もありました。

他の市町村もほとんどが震度5弱以上が観測されていたり、余震が100回以上にも渡り、熊本県に訪れたようです。

けれど停電は地震を予測していたこともあり、すぐに復興することができ、お湯もすぐに出るようになったといいます。

地震を体験していない私には想像もつかないほどの恐怖を感じたとは思いますが、無事に熊本県が復興することを心から願っています。

 

熊本県に住んでいる知り合いから泣きながら電話がかかってきた時に何もできなかった自分が悔しかったのを覚えているので、会社や地域で行われる復興支援金には必ず協力していきたいと考えていますので、みなさんもぜひ協力してまいりましょう!

熊本城の復旧・売っ校について書いた記事もあるのでそちらもチェックしてくださいね。

熊本城の復旧・復興には何年かかる?熊本地震の最大震度や回数は?

まとめ

熊本所天守閣は地震の影響でしゃちほこの姿も消え観光は現在不可能

熊本地震の震源地は熊本県熊本地方で震度は7

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here