こち亀の作者(秋元治)の次回作はいつから?再連載の可能性は?

ついについについに、40年という長い年月を経て週刊少年ジャンプの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載が終了を迎えました。

本当に長い連載で、最初からこち亀を読んできたわけではないのですが、あのこち亀が終わるというのは、とても寂しく感じます。

こち亀は連載40年ということで、関係ないのですが、ちょうど僕の生きた年数のダブルスコアも連載が続いているんだなと思うと凄いですね(笑)

 

さて今回の記事では「こち亀の作者(秋元治)の次回作はいつから?」についてご紹介します。

更に、「こち亀の再連載の可能性は?」についてもご紹介しますので最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

こち亀の作者(秋元治)の次回作はいつから?

本当に長い連載が終了した「こち亀」。

ジャンプ黄金期から連載を続けていた、超大御所長寿漫画が幕を閉じたということで、NHKでニュースが報じられたり、

「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」というギネス記録にも認定されました。

世界初の200巻ということで、その凄さは異常ですし、この記録は漫画家にとっては憧れでもあり、そして賞賛されるべきものでもあります。

 

さて、秋元治先生の連載している漫画「こち亀」の終了にともなって、次回作の可能性について考えてみました。

私個人としての意見は、「次回作は書かない」だと思います。

これだけ連載を続けて、これだけ賞賛されて、これだけ偉業を成し遂げて、漫画家冥利につきるほどの活躍をして、

更には、発行部数も1億突破しているので、収入も桁違いです。

 

これだけの資産があれば、もう一生遊んで暮らせますね(笑)

羨ましい…

 

私が「次回作は書かない」と明言したのには他にも理由があります。

それは、最終回の最後のページに書かれるコメントです。

基本的に漫画の最終回の最後のページには

「ご愛読ありがとうございました。〇〇先生の次回作にご期待ください」

というコメントが載せられます。

 

ですが、「こち亀」の最終回には、その文言が記載されていませんでした。

cmgtfe2

見ずらかったらごめんなさい。

ご覧のとおり、「次回作にご期待ください」という文言は、どこにもありません。

同じ時期に連載終了している「BLEACH」も同様に「次回作にご期待ください」は記載されていませんでした。

そして、以前連載が終了した「NARUTO」も「次回作にご期待ください」は記載されていません。

ですが、作画が変わって「BORUTO」として連載が開始されました。

 

「こち亀」と同じ時期に連載が終了した「ニセコイ」は「次回作にご期待ください」という文言が記載されていました。

 

これらの違いは、やはり長寿作品で「ある」か「ない」だと思います。

新連載がすぐに打ち切られた場合はまず間違いなく「次回作にご期待ください」が記載されます。

それはまだ未来があるからです。

 

ですが長寿作品になると、もうやりきった感もありますし、出版社的には書いてもらいたいでしょうが、

作者は自分の大好きな作品を完結させることが出来たので、それですっぱりきれいに終了したいのだと思います。

 

「次回作にご期待ください」が記載されていないということは、

裏を返せば「次回作に期待しない方が良い」と受け取ることも出来ます。

 

そして私は、そう受け取っています。

 

本当に、もう秋元治先生が次回作を書かないとは言い切れないのですが、

期待薄、可能性は低いと考えてもらったほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

こち亀の再連載の可能性は?

これも、次回作と同様に期待はできないと思います。

そもそも、200巻という区切りのいいところで連載を終了させることが出来たのに、ちょっとだけ再連載を掲載してしまったら、

201巻になってしまいます。

番外編という形で販売すれば良いのかもしれませんが、個人的にそれだといやらしいと感じるので論外です。

 

次回作を書くにせよ、再連載で続編を書くにせよ、秋元治先生次第なので、

今一度、ご一報が来るのを待っていましょう!

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here