コーンポタージュが腐ってたツイートは嘘?逮捕や損害賠償金は?

皆さんこんにちは!

近頃、めっきり「バカッター」と呼ばれる方々のツイートが少なくなってきているのですが、

それでもちらほらそのような行いをしてツイッターに投稿している人もいますね。

若気の至りで済まないようなことばかりしているため、そろそろ完全にいなくなってもいいものなのですが、なかなか後を絶ちません。

 

今話題となっているのは、他のバカッターとは別の趣向の店に対する業務妨害を行なった「コーンポタージュが腐ってた」という虚偽ツイートと思しきツイートがあります。

 

今回の記事では、「コーンポタージュが腐ってた」ツイートが嘘か本当かについてご紹介していきます。

さらに、虚偽の業務妨害だった場合、逮捕や損害賠償金はどうなるのかについても紹介していきますので、最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

コーンポタージュ腐ってたツイートの詳細

 

投稿者がどこかのコンビニにて買ったコーンポタージュが画像のように腐ってゲロの味がしたというもの。

一見すれば、コンビニに販売してあったコーンポタージュが粗悪品で、投稿者が完全なる被害者に見えてしまうのですが、投稿者の一連のツイートを見たツイッター民たちが、どこか不審な点をいくつか見つけたため、

この「コーンポタージュ腐ってた」ツイートは虚偽のものなのではないか?と疑問の声を上げる方が多くいました。

 

コーンポタージュ腐ってたは嘘ツイート?

投稿者のツイートを見て、何人の方がその不審な点を指摘していました。


というように、これだけの不審点が挙げられています。

他にも、

 


というように、開けた瞬間からわかるようですし、わかるはずなのでそもそも飲もうとは思わないでしょう。

後、ロット的に結構新しい商品なので、まず腐ることはないんじゃないかな?

 

このことから、投稿者の「コーンポタージュ腐ってた」というツイートが嘘の可能性が高いということがわかります。

もし嘘じゃなかった場合は、本当にかわいそうですけどね。

 

Sponsored Links

 

嘘ツイートの場合の逮捕や損害賠償金について。

以前、アイスケースに入った「バカッター」がウン千万の損害賠償金を払ったのではないか?と話題になったことがありましたね。

それに、そのアイスケースに入っていたアイスはすべて廃棄されたとのこと。

 

廃棄された商品は当然、『廃棄するための商品』でも『誰かに踏まれるための商品』ではなく、

『販売するための商品』です。

全てが廃棄されたため、当たり前ですが利益は出ずに、損益がたくさん出てしまうわけですね。

 

そこでもし仮にこれが嘘ツイートの営業妨害だった場合、

賠償金を請求されるわけでうすが、一体どれほどの金額の賠償金を支払うことになるのでしょうか?

 

上述した通り、アイスケースに入った彼はウン千万を支払ったとされています。

さらに、そのコンビニは閉店にまで追いやられました。

 

今回、「コーンポタージュ腐ってた」ツイートはそのお店だけに関わらず、同じロットのコーンポタージュ全てにまでおよぶため、被害は甚大でしょう。

 

なので、アイスケースの彼よりも厳しい処罰が下される場合もあります。

逮捕も十分あり得る可能性があります。

 

このツイートが嘘であるか本当であるかは、まだ判明はしていませんが、今後テレビにも取り上げられるかと思いますので、続報が入り次第追記していきます。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here