このすばの銀髪盗賊団の正体は?王宮とドネリー邸侵入事件ネタバレ!

私は銀髪盗賊団のアイマスクの下を暴くもの!!

みなさん、こんにちわ。

今回は、帝都にはびこる銀髪盗賊団という義賊に関してお話したいと思います。

 

最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

銀髪盗賊団の活躍

銀髪盗賊団は、圧倒的なスティールの技術と、そのほかのスキルを使って必ず予告した品(たまに少女のこころ)を奪っていく、盗賊団です。

主に、民をしいたげていると評判の金持ちの家に忍び込み、宝物を盗んでは、民にばらまく義賊として活躍しています。

もちろん、帝都では大人気。

アクセルの街でも、銀髪盗賊団のアイマスクが販売されるレベルの人気っぷりです。

なんとこの盗賊団、かつては王宮で最も厳重な警戒体制下におかれている宝物殿に侵入し、チートアイテム神器を盗み取っていったのです。

こんな、神レベルの技術を持つ盗賊団、その正体は・・・・。

 

銀髪盗賊の正体と真の目的

はい、完全に模範的な女神、あげぞこエリス様でしたー。

ちなみにカズマもメンバーの一人です。

まあ、圧倒的なスティールスキルとかバインドとか、やたら細かい機転がきくといえば、なんとなく想像できますよね。

もちろん、金目当ての盗賊団ではありません。

ずばり、この盗賊団の目的は、ずばり「神器」です。

神器とは、カズマのように異世界から転生してきた人たちが持ってくるチートアイテムです。

当人が亡くなるまで当人たちしか使えないという制限がついているのですが、どうも、当人が亡くなるとその制限が外れてしまうらしいのです。

なので、女神エリスは、転生者が亡くなるたびに駆け回って、その神器をかき集めていたのです。

しかし、もちろんすべてを回収することは難しいのです。

なので、神器が悪意を持った他者の手に回ってしまうこともあります。

そうなった場合、銀髪盗賊団として、相手から神器を奪還していたわけです。

ちなみに、どうもエリス単独で義賊活動を行ったりしているようなんですけどね。

 

スポンサーリンク

 

銀髪盗賊団事件簿

① 王宮侵入事件

発端は、どケチのアルダープが、あるネックレスを王族に献上したところから始まります。

ええ、あのドケチのアルダープがただでものを献上したりするはずがありません。

 

このネックレス、自分の中身と相手の中身を入れ替えることができる神器だったのです。

これを使って、第一王子と入れ替わろうとしていたアルダープですが、手違いでこれがアイリスのもとにやってきました。

厳重な王宮の警備、単独で突破できなかったアイリスが、カズマの助力を得て結成したのが銀髪盗賊団だったのです。

警備を突破し、なんとか宝物庫からネックレスを奪うことに成功したのです。

 

② ドネリー邸侵入事件

この事件は、めぐみんが勝手に銀髪盗賊団の下部組織、めぐみん盗賊団を立てたことがきっかけでした。

評判の悪い貴族宅を襲撃しようとすると、モンスターがその屋敷に襲い掛かっているではありませんか。

実は、アルダープが以前所持していたモンスターをランダムに呼び出す神器を誤用していたのです。

めぐみん盗賊団と協力して、なんとか神器を奪還することに成功しました。

 

こうして、今日も銀髪盗賊団は平和を守っているのです。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here