小林さんちのメイドラゴンの2期の放送日と映画化は?円盤売上も紹介

小林さんちのメイドドラゴンは、同名の漫画を原作としたアニメです。

SEである小林さんちに、少女に変身したドラゴン・トールが押しかけメイドとしてやって来るアニメであり、ジャンルとしては日常系アニメとなります。

今回は、その小林さんちのメイドドラゴンのアニメ続編の可能性について考察したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

○考察前におさらい…小林さんちのメイドドラゴンってどんな話だっけ?

SEである小林さん(女性)のマンションに、少女に変身したドラゴンたちが押し寄せて来るアニメです。

小林さんと少女(女性)化したドラゴンばかり登場するため、一種の百合アニメでもありますが、小林さんはちょっとやさぐれている女性で、百合には興味ないため、百合アニメ独特の雰囲気はまったくないです。

小林さんLOVEなトールたちドラゴンの反応を楽しむアニメと言うべきでしょうか?

また、人間社会の知識がないトールたちが、徐々に人間社会の娯楽などに慣れていく場面なども描かれるため、美少女たちが成長して行く姿を見るのが好きな方にはオススメかもしれません。

小林さんちに2番目に押しかけたドラゴン幼女のカンナカムイ(通称カンナ)は、小学校に通うことになるため、学校物の要素も出て来ます。

ストーリーはあるようでないような感じなため、本当の意味での日常系作品と言えるかもしれません。

ストーリーをがっつり楽しみたいという方には合わない作品かもしれませんが、可愛い女の子キャラを見て、萌え萌え楽しみたいという方にはぴったりの作品と言えます。

緩い感じで30分、安心してアニメを見ることが出来ます。

 

○2期可能性考察その1…原作ストックや販促効果はどうなのか?

小林さんちのメイドドラゴンに関しては、2017年2月4日現在、5册の単行本が発売されています。

アニメ4話の時点で単行本2巻の内容を消化している最中なので、1クールを終えるまでに、原作の4巻程度までは消化するのではないでしょうか?

単行本の発刊ベースは年2册程度なので、アニメの原作ストックという意味では、来年に再度アニメ化というスケジュールは厳しいように思います。

漫画やライトノベルをアニメ化する際の最大の目的である、原作の販促効果はどうでしょうか?

公式ツイッターを確認してみると、全巻の重版がかかったとのアナウンスを発見出来ます。

つまり、アニメ化の第一目標はクリアして、アニメ化は一定の成果を得られている状況だと言えます。

漫画原作は2017年2月11日現在では5巻までが発売されています。

スポンサーリンク

 

○2期可能性考察その2…円盤売上はどうなのか?

こうなって来ると重要なのは、アニメのBD/DVDなどの通称円盤と呼ばれるパッケージの売上です。

続編に必要な数字は、1巻平均5000枚と言われており、割りと高いハードルなのですが、小林さんちのメイドドラゴンはそのハードルをクリア出来るのでしょうか?

そんな時に便利な円盤売上予測サイトを覗いてみると、小林さんちのメイドドラゴン1巻の売上予測が2000枚弱であることが確認出来ます。

とはいえ、この作品は京都アニメーション制作のアニメなため、「京アニショップ!」という独自の販路も持っているため、もしかしたら、そちらの方で予約数が稼げている可能性もあります。

 

○上記を踏まえた小林さんちのメイドドラゴン2期の可能性は?

原作売上は好調、円盤売上はイマイチとなると、アニメの続編に関しては厳しい状況だと言えます。

アニメ化自体は成功したとはいえ、一度アニメ化して原作の知名度を上げてしまえば、出版社的には再度アニメ化をするインセンティブも薄くなります。

現状では、続編の可能性は、「京アニショップ!」での円盤売上がよほど好調だった場合のみくらいに考えておくと無難かもしれません。

女の子たちも可愛いですし、ほのぼのとした気分で見られるアニメですが、ハーレムでもない百合でもないという作品の立ち位置が、アニメの円盤売上には響いたのかもしれませんね。

 

『響きユーフォニアム』や『けいおん』並に人気や知名度が上がっていけば、映画化の可能性も出てきます。

ただ、これも円盤の売上が大事になってきますので、やはり今後の円盤の売上は注目していきたいですね!

小林さんちのメイドラゴンの原作コミックはアニメとはまた全然違う味わいがあるので、ファンであれば是非チェックしてくださいね!

 

実際に原作を読んでみると、2期の可能性がありありに感じますよ。

○まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

簡単にまとめさせていただきますと、小林さんちのメイドドラゴンのアニメ続編の可能性に関しては、現状では難しいという結論になります。

ただし、アニメ自体の出来は良いので、未視聴の方は、途中からでも合流して、是非視聴してください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

6 Responses to “小林さんちのメイドラゴンの2期の放送日と映画化は?円盤売上も紹介”

  1. Vellfire より:

    小林さんちのメイドドラゴンではなく、小林さんちのメイドラゴンでは?そして、チェックがチャックになってますよー( ^ω^ )

    考察ありがとうございました!個人的に2期超期待したいんですが…w

  2. カンナ・カムイ より:

    最後、響『け』ユーフォニアム ですよー(^o^)

    それはさておき、久々にもっとみたいと思えるアニメに出逢えました…。
    作画も綺麗だし、原作に出てきているイルルもアニメに未登場。
    これは二期あるのでは…?!
    いや、あってほしい…!!!

  3. ゆっくりクリーパー より:

    そうですね。
    ぜひ第2期出してほしいです。
    よーし全部買い占めだ~w

  4. トール全力支援 より:

    第2期やらなさそう…
    やって欲しいけれど…
    それにしても主題歌いいよね
    この前学校で「青空のラプソディ」流れてテンション上がったわ。
    まぁ、俺は興味ないフリしてたけど

  5. muyai より:

    ハーレムでもない百合でもないという作品の立ち位置

    というのが書いてあったけどもそれだけだと売れない理由にはならないと思うなー
    設定はあるけど絵面には出さないゆるゆりとか百合はないけど女の子しか出番が無いほのぼの系のらき☆すたとかだって売れてきたわけだし
    たぶんもっと違う理由だと思うよ
    こういうのって放送が終わって半年以上経たないと2期はやりにくいから今は内容の質じゃなくて放送のタイミングが早すぎるだけかと。だからまだ2期が出るかどうかを話題に出すタイミングじゃないと思うよー

    ゲームの話だけどゴエモンとかは早すぎてコケたからな

  6. 名無し より:

    2期でたら泣いて喜ぶお(^ω^ ≡ ^ω^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here