川栄李奈が映画デスノートで青井さくら役で出演の評価は?画像もあり

2006年に公開された映画「デスノート」から10年経った今、新たに映画「デスノート」が公開されることになりました。

今現在公開されているキャストは東出昌大さんや菅田将輝さん、池松壮亮さんらなど豪華俳優陣の出演が決定しています。そして今回新たなキャストが明らかになりました。

「デスノート 2016」では人間界に存在しているデスノートが6冊ありそのノートをめぐる壮絶な心理戦が繰り広げられる設定になっております。

 

スポンサーリンク

 

その6冊のうちの1冊のノートを所有する役に選ばれたのは元AKB48の川栄李奈さんです!

rina

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

役柄は、思想や理想を一切持たずに無差別にノートに名前を書き込むサイコパス的な面のある史上最悪のデスノートの所有者の青井さくら役として「デスノート 2016」に出演します。

川栄李奈さんは今迄はアイドルとして活動してきて華やかな表舞台での活躍だったのですが、今回は裏世界での暗黒な活動を行っている役なので、ギャップが大きいところも見どころの一つですよね。

 

そういえば今回の映画化で疑問が浮かんだのですが、そもそもデスノートは人間界にそんなに存在してもいいのでしょうか?気になったのでデスノート全巻読み返してみました!全巻読む必要はないのですが、読みだしたら止まらなくなってしまいました笑

原作では「人間界に存在していいノートは6冊まで」という設定があるのが確認できました。

デスノートは矛盾がない作品としても有名ですので、その点は一切心配無かったようですね。

 

少し話が反れてしましましたが、川栄李奈さんの「デスノート」出演に対するネット上の評価はどうだったのでしょうか?

「現実は天使だからギャップがスゴイ。どんな感じでノート使っていくんだろう?」

「デスノート似合わないと思ったけど、意外といいかも…?」

「こんな可愛い顔で史上最悪の所有者か。まあ疑われなそうだしね。」

「こんな子にノートに書かれるんだったら男としてはもう本望じゃないかね?」

 

スポンサーリンク

 

などなど絶賛の声が多数上がっていました。ドラマ版「デスノート」のキャスト発表の時は酷評が大半を占めていたので心配するところもあったのですが今回はそんなに批判的な声が上がっていなくてよかったですね。今回の映画「デスノート」はオリジナルストーリーで展開されていくもので、キャラもオリジナルだからキャラのイメージが下がるとかのリスクがない為、キャストへの不満よりは期待の方が多いのだと思います。

映画公開日はまだ未定なのですが、収録が7月~8月ぐらいまで続くそうなので、公開はそれ以降だと考えてまず間違いはないかと思われます。

今後も、どんどんキャストが発表されていくので楽しみですね!

 

是非映画「デスノートは 2016」を見に行ってくださいね!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here