監獄学園(プリズンスクール)の23巻の発売日はいつ?ネタバレも紹介

2016年8月5日に、週刊ヤングマガジンで連載中の「監獄学園(プリズンスクール)」の22巻が発売されました。

22巻ではコール合戦の末、裏生徒会の仲間である千代たちの騎馬やガクトたちの騎馬にに大ダメージを与えました。

コール合戦はまだ続き、23巻への期待が更に高まりました。

 

さて今回の記事では、監獄学園(プリズンスクール)の23巻の発売日についてご紹介していきたいと思います。

監獄学園(プリズンスクール)の23巻のネタバレもご用意してありますので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

監獄学園(プリズンスクールの23巻の発売日はいつ?

現在、週刊ヤングマガジンの公式HPでは「監獄学園(プリズンスクール)」の23巻の発売日情報は掲載されていません。

ですので今回は、最近の「監獄学園(プリズンスクール)の単行本の発売日情報と、週刊ヤングマガジンに掲載されて、まだ単行本に収録されていない話数(ストック数)を参考にして23巻の発売日を予想していきたいと思います。

 

その前に、監獄学園の単行本をお持ちでない方やとぎれとぎれで購入されている方は、せっかくなので全巻揃えてしまいましょう!!

監獄学園の単行本の購入ページはこちら

日本最大級のマンガ(電子書籍)販売サイト【eBookJapan】

 

 

それでは早速、最近の監獄学園の発売日情報を見ていきましょう。

 

16巻の発売日:2015年3月6日(金曜日)

17巻の発売日:2015年6月5日(金曜日)

18巻の発売日:2015年8月6日(木曜日)

19巻の発売日:2015年12月4日(金曜日)

20巻の発売日:2016年3月4日(金曜日)

21巻の発売日:2016年6月6日(月曜日)

22巻の発売日:2016年8月5日(金曜日)

 

最近の傾向としては2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月の期間を開けての単行本の発売があることが分かります。

18巻から19巻にかけてはアニメ制作の関係上休載が多かったように思えますので、この4ヶ月の期間が空いたのはイレギュラーでしょう。

つまり23巻は2ヶ月後、もしくは3ヶ月後の発売になりそうです。

 

さら監獄学園にかぎらず週刊ヤングマガジンの単行本は、月の第1金曜日に発売される傾向があります。(本来は原則6日に発売されるようです)

「監獄学園(プリズンスクール)」もほとんどが第1金曜日に発売されています。

 

次に週刊ヤングマガジンに掲載されて、まだ単行本に収録されていない話数(ストック数)を見ていきましょう。

22巻が発売される頃には、週刊ヤングマガジンでは223話まで掲載される予定です。

22巻には217話まで掲載されるのでストック数は6話。

 

22巻が発売されてから2ヶ月後に23巻が発売される場合

ストック数15話(22巻収録話9話を引くと6話)

 

22巻が発売されてから3ヶ月後に23巻が発売される場合

ストック数19話(22巻収録話9話を引くと10話)

 

ストック数的には2ヶ月後でも3ヶ月後でも大丈夫だと判断できます。

大丈夫なのですが、この予想はあくまでも「休載」がなかった場合です。

最近の「監獄学園(プリズンスクール)」は月1のペースで休載をしています。(しない時もある)

 

ですので「22巻が発売されてから2ヶ月後に23巻が発売される場合」は1度休載してしまえば叶わないことです。

そして23巻が発売されるまでに1度は休載する可能性はあります。

 

という事で「監獄学園(プリズンスクール)」の23巻の発売日は3ヶ月後になる可能性が非常に高いといえます。

さらに月の第1金曜日に発売される傾向にあるとお話したので、

2016年11月4日(金曜日)に発売されるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

監獄学園(プリズンスクール)の23巻の簡単なネタバレ

22巻では、ジョーとケイトのコール合戦が始まりました。

が、ケイトはジョーの意中の相手「スターさん」に彼氏がいるということを、更には何股もかけていることを暴露され二人共撃沈。

杏とシンゴもケイトに撃沈されてしまう。

 

さらにさらに、千代の友達のマユミもケイトの標的になってしまいます。

マユミはネットアイドルとしてヒソカに活動していたのですが、ケイトにそれを暴露され赤面状態に。

だが、自分はネットアイドルはしていないと頑なに否定をし続けるのだが、ケイトは際どい画像や音声、動画などギリギリバレそうでバレないかもしれない情報をバンバン流出させました。

それでも否定し続けるマユミだけど、千代が「みんなにいつ発表するかはマユミが決める事です!!」と言い出す。

だがマユミは「え・・私・・まだ・・認めてないんだけど・・別人設定だよ?」と尚も否定する。

 

そこでジョーは「俺も業界(アイドルP)に片足突っ込んだ人間・・・わかるんだよ・・・君が努力の人だという事が。ファンの為にガンバって今までやってきたんだろう・・それを全て捨ててしまっていいのかい?」とマユミに語りかける。

ここで言う「業界(アイドルP)」というのはジョーが「スターさん」のプロデューサーという設定なので、自称業界人ってことですね(笑)

 

するとようやくマユミは自身がネットアイドルだということを認め、千代、杏、スターさん、マユミの4人でボロボロになりながらも表生徒会に突進する。

だが一矢も報いること無く騎馬は崩壊する。

 

そしてその後、万里たちは勝利するべく「プロジェクト バベル」を始動する事に…

 

3f8621f6ea9ff000c1f1cd0a1c934c1f1-254x300

続きは23巻でお楽しみください!

 

まとめ

「監獄学園(プリズンスクール)」の23巻の発売日は2016年11月4日に発売されると予想します!

以上ネタバレでした!

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here