金子千尋の2017年の年俸はいくら?嫁は坂本勇人のファン?

2016年を飛躍の年とした金子千尋選手。

不調のオリックスの中でも奮闘する金子千尋選手は非常に頼もしく、ついに2016年に100勝を達成することが出来ました。

この100勝という数字以上に、中身のほうがまた魅力的なんですよね。

 

さて今回の記事では、金子千尋選手の2017年の年俸をご紹介していこうと思います。

更に、金子千尋選手の嫁についてもご紹介していこうと思いますので最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

金子千尋選手の2017年の年俸はいくら?

2016年は金子千尋選手にとっては苦しい時期だったと思います。

9月頃に右肩の違和感で戦線を離れ、エースながらわずか7勝しかチームに貢献することは出来ませんでした。

 

試合数 27 防御率 3.83 勝利 7 敗戦 9

 

という結果に終わりました。

2017年の年俸をお話する前に、金子千尋選手の今までの年俸を見ていきましょう。

 

2004年:1億円(契約金)

2005年:1500万円

2006年:1200万円

2007年:1700万円

2008年:3000万円

2009年:5000万円

2010年:7800万円

2011年:1億5000万円

2012年:1億6000万円

2013年:1億2000万円

2014年:2億円

2015年:5億円

2016年:5億円

 

金子千尋選手の入団は高卒ドラフトではなく、社会人野球からのドラフトのため、スタートは高卒よりは遅めでした。

それでも堅実に少しずつ成績を上げていき、今ではオリックスに4年契約で莫大な年俸を頂いています。

2015年から4年契約ということで、2017年はいくらもらえるかはもう察しのとおりです。

 

2017年の年俸は5億円!!

 

私たち一般庶民にしたらこんな金額は想像することすら難しいです。

宝くじが当たったとしても3億円ですし、宝くじを買うことは『夢を買う』とも言われていますが、

金子千尋選手は私たちのように夢を買わずに、自身の力で叶えることが出来ているのでさすがですね。

 

2015年と2016年は金子千尋選手にとっては芳しくない成績で幕を閉じ、金子千尋選手自身もこの金額を頂いていることに罪悪感を感じているそうです。

エースとしての役割を全うすることが叶わなかったので、2017年からは最大限チームに貢献できるといいですね!

 

Sponsored Links

 

金子千尋選手の嫁は坂本勇人選手のファン?

さてさて、金子千尋選手の驚愕の年俸を知ったと思います。

本当に羨ましい。

そんな羨ましい金額を金子千尋選手と同じか、それ以上に扱うことの出来る存在というと、もう金子千尋選手の嫁しかいませんね。

最高の旦那さんを娶っちゃいましたね羨ましい(笑)

 

そんな金子千尋選手の嫁はなんと、坂本勇人選手のファンだそうです。

「おやおや、旦那さんがプロ野球選手なのにもかかわらず、あなたは何を考えているんだ!」

と思ってしまいそうですが、坂本勇人選手の甘いルックスにハートを射抜かれた女性は少なくないでしょう。

金子千尋選手の嫁もその一人だったということです。

 

坂本勇人選手は、プロ野球選手の中でもトップクラスにイケメンなので、もうジャニーズとかアイドルレベルで人気があります。

プロ野球選手が旦那だとしても、アイドルを好きになるのはなんら問題ありませんよね?(たぶん)

 

金子千尋選手の嫁は、金子千尋選手とは高校時代からの同級生だそうです。

学生のカップルって社会人になれば別れることがほとんどですが、こうして結婚まで到達すると『本物』だったんだなと実感します。

それほど愛し合っているということですね。

それを裏付ける根拠として、金子千尋選手自身も過去から現在も坂本勇人選手のファンだそうで、夫婦そろってファンをしているみたいです。

嫁に頼まれて、坂本勇人選手のサインを貰ったこともあるそうですよ(笑)

 

野球選手が野球選手のサインを貰うのも、また変な話ですよね(笑)

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here