ジョーブロギーのブレインハッキングはヤラセ?疑惑を検証!

2016年12月24日に放送された、『超常現象Xファイル』に、ブレインハッキングで世界的に有名なジョーブロギーさんが登場しました。

ブレインハッキングとは、相手が何を考えているのかが分かるという超常能力なのですが、その能力についてヤラセ疑惑が浮上してきました。

 

今回の記事では、ジョーブロギーさんのブレインハッキングがヤラセ回中についてご紹介していきます。

最後までどうぞご覧になって下さい。

 

スポンサーリンク

 

ジョーブロギーさんのブレインハッキングはやらせか?

今回の番組では、ジョーブロギーさんは、番組出演者に頭で数字や図形を思い浮かべさせました。

これは後ほど使われます。

 

最初にジョーブロギーさんがブレインハッキングをしたのは博多大吉さんです。

彼の初恋の相手の名前をあてるというブレインハッキングだったのですが、それを即座に当ててみせました。

ちなみに博多大吉さんの初恋の相手は『みか』ちゃんという人です。

 

次に、谷亮子さんがイメージして書いた画をブレインハッキングしました。

すると、同じタイミングで書き始めて同じタイミングで書き終えて見事同じ『家』を描くことに成功していました。

 

そして次に驚きだったのが、三戸なつめさんが選んだ『火花』という本の情景をブレインハッキングしました。

三戸なつめさんは『火花』を読んだことはありません。

最初に、数字を思い浮かべてほしいと言われたのを覚えているでしょうか?

三戸なつめさんが選んだ数字のページを開いて、そこの4,5行を読んで思い浮かべた情景をジョーブロギーさんがブレインハッキングするというもの。

すると、三戸なつめさんが思い浮かべた『地獄』『孤独』『神谷さん』を見事的中させました。

 

この映像をご覧になった皆さんは、凄い!と思うと同時に、ヤラセなんじゃないだろうか?と思ったことでしょう。

あらかじめ答えを教えておいて、それをあたかも自分が当てたように仕向けるという、よくあるヤラセ企画ですね。

ですが今回、私はこの企画をヤラセだと感じてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

何故かと言うと、ジョーブロギーさんは日本語が読めないと言っていました。

ということは、日本語でイメージされた言葉を英語に直すことは出来ません。

なのに、三戸なつめさんが頭にイメージした『孤独』や『地獄』を読み取れたとしても、それを理解することは出来ません。

孤独なら「Loneliness」ですし、地獄なら「hell」です。

これをジョーブロギーさんが読み取ることは出来ないはずです。

孤独ってなんだ?地獄ってなんだ?となります。

 

普通なら、孤独と地獄という言葉に近い英単語を思い浮かべるはずですよね?

 

これを見て私はヤラセだと思ってしまいました。

でも、これ以降に、たけしさんがブレインハッキングされた所は衝撃的でしたけど、私の見解では『ヤラセかもしれない』ですね。

 

大抵、この手のメンタリズム的なものは体感してみなければヤラセかどうかはずっと疑ってかかったほうが良いですよね。

ただ、私的にはメンタリストのDaigoさんはヤラセではないなと思っていますけど(笑)

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here