伊藤英治郎のキャバクラA(Memoria )のスタッフは何故通報が遅い?

皆さんこんにちは。

先日、また胸糞悪い事件が起こりました。

港区新橋のキャバクラA(Memoria)にて、伊藤英治郎容疑者が1時間に渡り与島稜菜さんを暴行し、亡くならせたという事件です。

そしてそのキャバクラA(Memoria)の従業員スタッフはその一部始終を見ていたそうですが、通報が遅いという事実もあります。

通報が遅くなった理由は、見て見ぬふりなのか、伊藤英治郎容疑者に脅されていたのか、それとも共犯だったのか、

今回の記事では、それらについて考察していきたいと思いますので、最後までご覧になってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

伊藤英治郎のキャバクラAのスタッフは何故通報が遅いのか

伊藤英治郎容疑者が起こした事件の詳細をご覧になって、

『何故、通報が遅かったのか?』

という意見が多く挙がっています。

 

 

Twitterでは、「見て見ぬふり」という意見が非常に多かったです。

ただ、忘れてはいけないのが被害にあった与島稜菜さんは立場を利用されて無理やり交際させられたということです。

つまりは、他の女性従業員も伊藤英治郎容疑者の立場に抗えずにいたのかもしれません。

 

もし通報したのがバレた場合、警察が来る前に自分も被害を受けてしまうとか。

もしくは、与島稜菜さんが被害を受けている様子を覗いているのがバレてしまい、「通報したらお前も同じ目に合わせるぞ」とかそういった言葉を投げつけられたとか。

普段から伊藤英治郎容疑者による『恐怖』を味わっていて、『通報すること』という発想を持ち合わせていなかったかもしれない。

 

Twitterにもある通り、「見て見ぬふり」という可能性だって否定はできません。

 

何にしても、やっぱり胸糞悪い事件ということには代わりはありません。

伊藤英治郎容疑者に対してTwitterでは「目には目を、歯に歯を」という意見もあります。

どういうことかと言えば、伊藤英治郎容疑者が与島稜菜さんしたことと同じ目に合わせてやろうという意味だそうです。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here