茨城地震の被害状況や続報は?今後の影響はどうなる?

2016年12月28日、21時38分頃に茨城県北部を震源地として震度6弱の地震が発生しました。

熊本地震を彷彿させるような大きな地震が発生し、人々にも大きな不安を抱かせました。

 

今回の記事は、茨城北部地震の被害状況と続報についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

茨城地震の被害状況と続報について。

震源地は茨城県北部を震源ととして、最大震度は茨城県高萩市の震度6弱です。

記憶に新しい地震は熊本地震ですが、その時は一度目の地震も大きくかったのですが、その後数日後に、更に大きな地震が発生し甚大な被害を与えました。

 

今回は、「今」は震度6弱の地震だけでしたが、熊本地震という前例もあるので、更なる被害の可能性を考えなければいけません

今の所は『津波』の心配はないそうです。

 

ただ、21時53分に関東地方で震度4の地震もあったそうで、どんどん大きな地震が起こる場所がずれていってしまったり、海沿いに近づいていってしまう場合は、津波の可能性は間違いなく「ない」とは言えません。

 

津波被害に対する準備は間違いなくしておきましょう。

茨城県は海に隣接する県なので、『津波』の被害が絶対にこないとは考えることは出来ません。

 

今後の被害状況に関しては、続報が入り次第追記していこうと思います。

 

1回目の地震発生時、震度6弱が発生した時の、速報。

午後9時38ごろ発生した茨城県北部を震源とする地震は、最大震度6弱を観測した。津波の心配はないもよう。

引用:ヤフーニュース

 

震源の深さは約10km、マグニチュードは6・3と推定されています。

 

スポンサーリンク

 

震度6弱 茨城県高萩市

震度5強 茨城県日立市

震度5弱 茨城県常陸太田市

が、大きな地震があった地域です。

 

熊本地震の時は最大震度は7で、被害状況は震源地付近の多くの建物が崩壊してしまいました。

それに熊本地震の最初の地震は震度6弱だったということで、今回の茨城地震は震度6弱なので、同じような被害状況になる可能性もあるので注意が必要ですね。

 

今回の茨城地震はこれで終了してほしいですね。

これ以上地震が来ないことを願います。

 

地震が起こった際にやるべきこと。

震度7や震度6強クラスの地震ともなると、身動きを取ることは出来ません。

それでもよく聞く言葉としては、『火を消せ』ですね。

火を使っている最中に大きすぎる地震が来てしまったらどうしようもありませんが、出来るなら直ぐに消しましょう。

 

そして次は、『水を貯める。』

火を消すためのものではなく(その場合もある)、飲用でも料理用でもなく、トイレ用にです。

 

そして屋内であっても靴を履いておくこと。

家を離れる時は必ず、ブレーカーを落とすこと。

その他はこちらを参照してください。

地震が起こったら、まずこれをしろ!

 

 

続報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here