アイアムアヒーローの最新巻22巻の発売日はいつ?ネタバレも

週間ビッグコミックスで連載中の漫画「アイアムアヒーロー」の21巻が2016年10月28日に発売されました。

20巻が発売されてから半年も期間が空き、ファンとしては待ちきれない感はありましたが、ようやく発売されたことにホッとしています。

映画公開があったりで、休載期間が長く発売日が遠のいていましたが、本当にようやくという感じです。

 

息をつく間もなく21感を読んだとは思いますが、

さて、気になるのはアイアムアヒーローの22巻の発売日ですよね?

また半年くらい期間が空いてしまうのか?その辺も含めてご紹介していこうと思いますので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね

 

スポンサーリンク

 

アイアムアヒーローの最新巻22巻の発売日はいつ?

アイアムアヒーローの21巻は2016年10月28日に発売されました。

現在、22巻の発売日情報は公開されていないので、

「アイアムアヒーローの最近の単行本の発売日」を参考にして、発売日を予想してみたいと思います。

 

それでは「アイアムアヒーローの最近の単行本の発売日」を見てみましょう。

 

15巻:2014年6月30日(月曜日)

16巻:2014年12月26日(金曜日)

17巻:2015年5月19日(火曜日)

18巻:2015年11月30日(月曜日)

19巻:2016年3月15日(火曜日)

20巻:2016年4月12日(火曜日)

21巻:2016年10月28日(金曜日)

 

発売日の傾向を見てもらっても分かる通り、

『発売期間』『発売される週』『曜日』がほとんど不規則です。

分かる限りでは、月末に発売される割合が高いと思ってもらって大丈夫です。

 

 

そして映画化などの大きな企画は今回はないです。

アイアムアヒーローは月に1回もしくは2回ほど休載することがあるので

5ヶ月後あたりが妥当だと思います。

 

つまり、アイアムアヒーローの22巻は

2017年3月の下旬ごろだと予想します!

 

スポンサーリンク

 

21巻のおさらい

浅田の前に現れた、苫米地と春樹とキズキ。

苫米地が浅田にヘリがあるのかを尋ねると、素直にあると答える。

操縦ができるかと聞かれると、出来ると答える浅田。

ヘリについて、いろいろな質問を出す苫米地。

これは浅田が本当にヘリを操縦できるのか田舎を見極めるための質問。

そして、浅田は発言を誤り、本当はヘリの操縦が出来ないとバレる。

 

だけど浅田は同様一つ見せずに、ヘリの基への案内する。

屋上に到着すると、そこには浅田が匿っていた女子二人と教典を持った子供がいて、苫米地は躊躇わずに一人をボーガンで撃ち抜く。

そのまま浅田は子供と女子一人を連れて逃げ出す。

 

浅田を追いかける春樹は、影で隠れていた桐谷と遭遇。

二人はここで戦うことに。

 

春樹が戦っている間、苫米地とキズキはヘリのもとにへと向かう。

 

浅田は逃げている間、髪になるための準備として、婆さん爺さんのいる瞑想部屋に二酸化炭素をばらまく。

ここから浅田の名前が後世に残る準備を始める。

 

英雄は、ヒロミを追って走り続けるが、途中小田の妹と遭遇し、追われることに。

ついに小田の妹に捕まった英雄はキスされるみたいに、口を大きく噛まれる。

そこで、意識が急に変わり、小田と小田の妹が会話している情景が見える。

小田は、小田の妹に英雄を守って欲しいと告げる。

ce4a66ea60b5abe08840a12ab85ee05d-300x199

意識が戻ると、小田の妹に噛まれた傷は無い(恐らく甘噛)

小田の妹は英雄を守るように、回りにいるZQNと対峙している。

 

桐谷と春樹の戦いは、互いにナイフで刺され、ZQNにへと感染していた。

春樹が持っていたナイフは、ZQNの血が付着しているナイフのため、お互いにそれが刺さったための感染。

 

22巻のネタバレ

春樹が戻ってくるのを待っていたキズキと苫米地。

春樹が戻ってきたと思ったら、桐谷が春樹にタックルし、その後桐谷がキズキの足を掴む。

その好きに苫米地はヘリにまで駆け込み、近くにいた浅田と共に、共闘という形で乗り込む。

 

場面は代わり、崇クルスところり遭遇。

それをスコープ越しで捉えた英雄だが、ころりがマスクをしていたため、まだあの漫画家コロリだということには気づいていない。

崇クルスの人格は、以前スコップを持っていたクルスのようになり、やがて体型までもあの中年のクルスとなる…。

 

中年太りのクルスは、コロリ隊と退治する。

以前、中年太りクルスはクルスたちとともに行動していた連中を崩壊させた。

おばさんは、片目だけ損失するという軽傷とは言わないでも、無事に生き残ることはでき、毅は感染。

 

クルスは恐らく精神世界では3人、「中年太り、来栖、崇」がいて、彼らは融合もしくは合体し、一つの原型を保っている。

入れ替わりで交代することができ、交代すると目つきもしくは、体型を元の姿にへと変化させることが出来る。

三つ巴の戦いの後に、崇が勝利したと思われたのですが、入れ替わった時の崇の精神があの頃のままだったので、

恐らく、3人は同じ人種だなんだと話し合いの末、合体という形になったと予想しています。

 

遠くからスコープ越しでクルスとコロリ隊の戦いを見ていた英雄。

英雄は中年太りクルスが一人袋叩きにされているのだと勘違いし、銃を放つ。

惜しくも当たらなかったけれど、銃を持っている人間がいるという事を彼らに知られた事となる。

 

以上ネタバレでした。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here