アイアムアヒーローの20巻の発売日はいつ?ネタバレ・感想・考察

「スピッツ」で連載中の発行日部数600万部を誇る人気漫画「アイアムアヒーロー」の19巻が2016年3月15日に発売されました。

皆さんはもう読んだでしょうか?

19巻では比呂美ちゃんが以前に感染してしまった事もあり、それが大きなカギを握る!っていう展開になった感じがしました。

さて、今回の記事では「アイアムアヒーロー」19巻の内容のおさらいをするのはもちろん、20巻の発売日やネタバレ、感想や考察をご紹介していこうと思います。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

「アイアムアヒーロー」19巻のおさらい

冒頭に、頭と足しかない「ZQN」がこの世界について語っていました。

「ZQN」には3種類ある。

第1に感染を拡大させる人間型「ZQN」。

第2に街の清掃・治安を維持を担当する「ZQN」。建設物のような形を模していて、組織的・機械的に行動している。

これは、19巻で初めて現れました。

第3は存在理由が意味不明な「ZQN」。これは恐らく「クルス」のことでしょう。

「ZQN」とは何か?を語っていましたが未だにそれが明確に知ることは出来なかった。

 

英雄と比呂美は18巻の最後に船に乗せてもらうことができ、それで東京へ連れて行ってもらうことになる。

 

場面は変わり「クルス」ルートへ

クルスは他に生存者のいる基地を侵略するために、その基地に所属するやつを利用し、基地を奪うことに難なく成功する。

そして、そこでクルスは比呂美と交信していた。

「は、早く、こ、来いよ…あとは、お、お前だけだ」

比呂美は突然の声に驚くも、クルスの指示に従い手を挙げる、するとすべての「ZQN」たちが同じように手を挙げていた。

「お、俺たちは。お前のものだ」

とクルスは意味深なセリフを残し、交信を絶った。

 

比呂美は「ZQN」を従わせることのできる存在だということが分かった。最後は、比呂美と英雄が逃げていた「巨大ZQN」に比呂美は自ら取り込まれたのであった。

「英雄くん、さよなら…」

 

「アイアムアヒーロー」の20巻の発売日はいつ?

さて「アイアムアヒーロー」の20巻の発売日はいつなのでしょうか?

気になったので調べたり予想を立てたいと思います!

と、言おうと思ったのですが…

「アイアムアヒーロー」の19巻をもう一度読み返していた時に、ページの最後に発売日が書いてありました(笑)

「アイアムアヒーロー」の20巻の発売日は2016年4月12日(火)!

映画公開の直前ですね!これはさらに売れること間違いなしですよ!

 

スポンサーリンク

 

「アイアムアヒーロー」の20巻のネタバレ・考察・感想

ネタバレ

※ここから先はネタバレが含まれているので、見るか見ないかはあなた次第です!

自ら「巨大ZQN」に取り込まれた比呂美をただ英雄は仰ぎ見ることしかできなかった。

その後、頭を抱え悩みこんでいた英雄のもとに久しぶりに矢島(英雄の妄想)が現れ、人間の葛藤を語り始める。

いつも逃げてきた英雄。けれど、それでも今回は自ら考えそして行動をしようとしていた。

無題

出典:http://soz.matchupp.com/?p=8416

そして船長に

「3日だけここで待っていてください。必ず彼女を連れて戻ってきますんで!」

と約束を交わし英雄は「巨大ZQN」のもとへと向かう。

「巨大ZQN」の中では、ネット掲示板のような書き込みが行われていて、そこで比呂美は黒川徹子(英雄の元カノ)と会話をしていた…

考察

比呂美はクルスと同じような力を持っているのですが、自ら「巨大ZQN」に取り込まれてしまいました。

「個」としても活動のできる比呂美は「巨大ZQN(ZQNの集合体)」の一部「全」になってしまうのでしょうか?

恐らく、英雄がいったんは連れ戻すことに成功しそうですが、次はクルスの元に行ってしまいそうですね。

 

英雄は感染者もどきなので、英雄にも何かしらの力がありそう!

けれど、英雄にはこれからも「銃」で戦っていってほしいですよね!

感想

まだまだ、展開の読めない状況ですが逃げずに「巨大ZQN」に立ち向かう英雄の眼差しはまさに「英雄(えいゆう)」のような貫禄が見えました。

特殊な能力もなく、銃だけで戦っている姿はかっこいいですね。

派手でもないし、でも地味でもない。

リアル感がでているので、そこに親近感?というのが生まれるので、感情移入がしやすいですよね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here